「クルーズ」に関連する現地ガイド記事

「クルーズ」に関連する現地ガイド記事

クルーズに関する現地ガイド記事を集めました。クルーズの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

【2018年版】オランダ観光パスを徹底比較!

[2018/08/05] テメル華代

アムステルダムと近郊エリアの美術館や博物館、アトラクションが無料になる観光パスで、シティマップが付いています。24時間(59ユーロ)/48時間(74ユーロ)/72時間(87ユーロ)/96時間(98ユーロ)から選べます。期間中はアムステルダムのトラム・メトロ・バス・フェリーが乗り放題になり、無料の運河クルーズも付いています。コンサートやオペラ、カジノ、レストランなどで利用できる25%割引の特典もあります。割引は、自転車やスクーター、ボートなどのレンタルにも無制限で利用できます。例えば24時間のカー… 続きを読む



ザルツカンマグート地方で最大の湖、アッターゼーを遊び尽くす!

[2018/06/30] バレンタ愛

アッターゼーを回るクルーズには様々なコースがあり、湖の北側を回る「Rundkurs NORD」(所要時間1時間10分)、湖の南側を回る「Rundkurs SUED」(所要時間2時間25分)、それを少し短くした「Rundkurs SUED klein」(所要時間1時間10分)、また「Rundkurs NORD」と「Rundkurs SUED」を合わせ湖を一周出来る「Die Karibik der Alpen」(1周すると所要時間3時間30分)は1日乗降り自由で湖畔の街を車を使わなくても1日移動しな… 続きを読む



アムステルダムに住む人来る人、みんなが主人公!「I amsterdam」

[2018/05/28] テメル華代

「I amsterdam city card」はアムステルダムとその近郊で利用できる観光パスです。24、36、72、96時間の4種類があり、アムステルダム市内の50以上の美術館や動物園などが無料になるほか、期間内は公共交通機関(トラム、バス、電車)が乗り放題で、運河クルーズも利用できます。2018年からはアムステルダム国立美術館も対象になりました。「I amsterdam city card」は、アムステルダム中央駅や観光案内所、ミュージアムショップなどで購入できます。予めオンラインで手続きをし… 続きを読む



海辺の街ベシクタシュで街角グルメを発掘!

[2018/04/03] Yeni

ベシクタシュは港町としても有名で、ここを起点にして歴史地区のある旧市街や、ボスポラス海峡クルーズにも出掛けられます。あまり時間がないけれど、風情のある船にちょっとだけ乗ってみたいという方には、アジアサイドのKadikoyカディキョイへ足を延ばすのをお勧めします。わずか片道20分ほどの行程ですが、空を飛び交うカモメたちや旧市街のシルエットを写真に収めたり、ベシクタシュの所在するヨーロッパサイドとアジアサイドの両岸を見比べながら、船のショートトリップを楽しめます。船の中ではトルコの紅茶Cayチャイや… 続きを読む



2つの世界遺産とアボリジニの文化、ケアンズをダイジェストに楽しむ!

[2018/03/29] 古関千恵子

海の世界遺産、世界最大のサンゴ礁群グレートバリアリーフ。日帰りでも思い切り満喫したいなら、浮き島“ポンツーン”への1日ツアーがおすすめ。洋上にぽつんと浮かぶデッキを拠点に各種マリンスポーツや遊覧飛行を楽しむもので、行き帰りのカタマラン移動もクルーズ気分が味わえます。6カ所あるポンツーンのうち、サンラバー・リーフクルーズが催行するモアリーフはリニューアルしたばかり、しかもウォータースライダー付きです。ポンツーンで体験できるのは半潜水艦やグラスボトムボート、スノーケリング、磯の生物に触れるタッチタン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 クルーズ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。