「クレープ」に関連する現地ガイド記事

「クレープ」に関連する現地ガイド記事

クレープに関する現地ガイド記事を集めました。クレープの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンコールワットのある町、シェムリアップの楽しみ方

[2017/02/15] りんみゆき

カラフルなネオンライトのパブストリートはシェムリアップの繁華街。レストランやバーが道沿いに並んでいる観光客が集まるエリアです。メニューはUS$で表示されているので、米ドルでもリエルでも支払い可能。屋台ではフライドアイスやクレープを目の前で作ってくれます。レストランによっては午後7時以降になるとアプサラダンスを観賞することもできるので、時間をチェックしておくといいでしょう。テンプルレストランはアプサラダンスの観賞ができ、最上階ではビーンバッグに仰向けにありながらドリンクが飲めるので、子どもと行って… 続きを読む



フランスのスイーツを楽しめるメイン通りの二つのカフェ

[2017/02/10] 宮谷千英

さて、もう一つはフランス北西部のブルターニュ地方発祥の料理、クレープのお店。ブルターニュ地方は地質や気候条件により小麦の栽培が困難でそばが常食とされていたらしい。そば粉で作った薄いパンケーキガレットという料理は、その後小麦粉へ変更され、牛乳やバター、卵、砂糖などが加えられるようになり、名前もクレープと呼ばれるようになったのだそうだ。メイン通りのLopez Mateosにある唯一のクレープ専門店モナリサ。1人でも気軽に入れる雰囲気の小さなお店だ。 続きを読む



アムステルダム郊外の風車村ザーンセスカンス

[2017/01/07] テメル華代

レストラン「デ・クラーイ」では、オランダ流のパンケーキ「パンネクーケン」を食べることができます。クレープのように薄く大きく焼いた生地にトッピングをし、ほんのり苦味のあるオランダシロップをかけていただきます。土産物のオススメは風車「デ・ハウスマン」で挽いた辛子粉から作るザーン・マスタード。オランダ人はチーズにマスタードをつけて食べるので、ザーンセスカンス産チーズと一緒に贈れば気の利いたプレゼントになります。晴れの日にはクルーズやサイクリングも楽しめるザーンセスカンスは、コスパの高い観光スポットです… 続きを読む



昼は海を、夜は生演奏を。ムイネーでおすすめのカフェレストラン「ジョーズカフェ」

[2016/11/30] 古川 悠紀

ジョーズカフェではクレープやココナッツ、自家製ケーキ、フレッシュジュースといったスイーツも充実していますので、カフェとしての利用も可。ランチならバインミー(サンドウィッチ)やサラダ、ハンバーガーなどがおすすめで、ディナーではオージービーフ・ステーキやメキシカンタコスなどはいかがでしょうか。また、アルコール系はビール、ワイン、ウォッカとあり、いずれも6万〜8万ドン程度とリーズナブルな値段で楽しむことができます。 続きを読む



ペルーのアキバへGO!セントロ・コメルシアル・アレナレス

[2016/10/30] 原田慶子

C.C.A.は地上4階・地下1階の5階建て。1階にはスーパーマーケットや雑貨店も入っているが、大半はコミックスやDVD、フィギュア、キャラクターグッズなどを販売するアニメ専門店だ。平日の夕方や週末には多くのオタクたちが足を運び、お気に入りの商品を物色している。飲食店で人気なのは、なんといってもメイドカフェ「SHIFUDOKI(シフドキ)」。おにぎりやオムライス、クレープなどの軽食が中心で、可愛らしいペルー人メイドが「美味しくなるおまじない」を唱えサーブしてくれる。日本や韓国などの輸入食材を扱うテ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 クレープ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。