「グアム、ダイビング、クレバス」に関連する現地ガイド記事

「グアム、ダイビング、クレバス」に関連する現地ガイド記事

グアム、ダイビング、クレバスに関する現地ガイド記事を集めました。グアム、ダイビング、クレバスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グアムの誇るダイナミックポイント「クレバス」は一見の価値あり

[2009/11/09] 秋野ヒロシ

グアムは朝から太陽が強く、ピックアップタイムの8時でもすでにギラギラで肌に日差しが突き刺さります。ここではサングラスと日焼け止めは必須。外に出ると、ホテルの立ち並ぶ高台から見るタモン湾の海は濃い青。これから行くポイントへの期待を膨らませてくれます。そんなホテル街のあるタモンから車で南のピティー地区へ移動すること30分。アプラ湾の桟橋で準備してから出港します。外洋に出てしばらく行くとクレバスに到着です。 浅くても水深15mはあるこのポイントは西側に向かってドロップオフとなっていて、そこにリアス式に… 続きを読む



オブジェのような地形が沢山。バラクーダロックでダイブしよう!

[2009/10/15] 秋野ヒロシ

ホテルが立ち並ぶタモンエリアから南へ車で30分ほど移動するとピティーの船着場に到着します。そこからダイビング専用ボートで出発。アプラ湾を出て島を左手に見ながら進むことさらに30分、紺碧な水面にバラクーダロックのポイントブイを見つけることができます。目の前には50mもの高さがある島の絶壁を望むことができ、ナイフで切ったような地形はそのまま水中へと落ち込んでいます。 ブイからロープ沿いにエントリーして水底15mの水深へと降り立つと、グランドのように広い岩盤の水底。ところどころに大きな大きな岩が転がっ… 続きを読む



マリアナのダイビングメッカ、GUAMで潜ろう!

[2009/06/19] 秋野ヒロシ

日本から南南東へおよそ2000km。日本の各主要都市から約3時間半の常夏の島、グアム島はその名前を知らない人はいないほど有名なリゾート。各旅行社から多くのパッケージツアーが販売されていています。年間30万人もの日本人観光客が訪れると言われるグアムには、それこそ山ほど遊ぶことはありますが、僕らダイバーが遊ぶところは海。そう、ここには有名なダイビングポイントがいくつもあり、多くのダイバーが訪れるミクロネシアダイビングのメッカでもあるのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 グアム、ダイビング、クレバス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。