「グッゲンハイム」に関連する現地ガイド記事

「グッゲンハイム」に関連する現地ガイド記事

グッゲンハイムに関する現地ガイド記事を集めました。グッゲンハイムの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

噂のワイナリーホテル、建築も必見!MARQUES DE RISCAL

[2009/09/07] 鈴木美佐子

そしてリオハ地方で今注目のホテルといったらこの「Hotel Marqués de Riscal」。 建築、デザインは現代建築の鬼才といわれる、フランクゲーリー氏(Frank O. Gehry)によるもの。スペインではビルバオのグッゲンハイム美術館に次いで、二番目の作品です。葡萄畑が広がる豊かな自然の中、圧倒されるような建築、動きのある曲面に光が反射し、幻想的ともいえるそんな建築なのです。ミシェランスターシェフ、Francisco Paniego氏のプロデュースのレストランやワインス… 続きを読む



初夏のアートイベント「ミュージアム・マイル・フェスティバル」

[2009/04/20] ゆずれもん

近頃入館料が高騰しているニューヨークの美術館。通常15ドル〜20ドルする入館料がこの日は無料とあれば、混みあう事は必然で、ゆっくり鑑賞できないことも考えられます。しかしながら、お祭気分を味わうには良い機会だと思います。2009年で31年目を迎えるフェスティバルのオープニング・セレモニーは、「グッゲンハイム美術館」で行われます。「グッゲンハイム美術館」といえばフランクロイドライト設計の、螺旋を描いたかたつむり状の建物で有名。2008年に改築工事を終え、リニューアルオープンしたばかりで注目を浴びそう… 続きを読む



かたつむり状の建物が特徴の『グッゲンハイム美術館』

[2008/12/01] ゆずれもん

美術館が多く建ち並ぶニューヨークのアッパーイーストサイド5番街、その中に白いうず巻き状の建物『グッゲンハイム美術館』があります。独特な建物ですが、高級住宅地という街並みにしっくり馴染んでいます。うず巻きの外観は上階にいくにつれ広がり、中に入れば夜空の星を思わせる吹き抜けの天井と、緩やかな傾斜のスロープが目に入ります。この建物はアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトの代表作。2008年10月末に外装の改修工事を終え、リニューアルオープンしました。 続きを読む



工業都市ビルバオを再生!「グッケンハイム美術館」の建物の迫力に圧倒

[2008/10/29] 鈴木美佐子

ビルバオというと鉄鋼・造船業で栄えた工業都市。産業基盤の変化とともに80年代ごろより景気も悪くなり、街は衰退するばかり……。そんな工業都市のイメージしかなかったビルバオに、都市再生計画の一つとして、1998年にビルバオ・グッゲンハイム美術館が開館しました。それ以来すっかり町のイメージは変わり、現在では国内外から多くの人を惹きつける町になったのです。一つの美術館が工業都市ビルバオを再生させたのです! 続きを読む



必見!プラハの現代建築の傑作、ダンシング・ビル

[2008/03/06] 有賀みかる

去年日本でも公開されたドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」をご覧になった方なら、映画の中でこのダンシング・ビルが登場したのを覚えていらっしゃるかもしれません。建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受けたこともあるゲーリー氏のドキュメンタリーを、友人であるシドニー・ポラック監督が撮ったこれまた傑作。スペインにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館の曲線に満ちた建築やロスのディズニー・コンサートホールなど構造の常識を超えたデザインの建築を次々と作っている彼が、プラハのダンシング… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 グッゲンハイム」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。