「ケルン、観光」に関連する現地ガイド記事

「ケルン、観光」に関連する現地ガイド記事

ケルン、観光に関する現地ガイド記事を集めました。ケルン、観光の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

近代建築の手本となったベルリンのモダニズム集合住宅群

[2013/06/15] Kei Okishima

「これが世界遺産?」と、首をかしげる人がいるかもしれない。一見どこにでもある普通の建物。良く目にする集合住宅で、中には一般市民が住んでいる。今日あちらこちらに建っている集合住宅と一体なにが異なるのか。実はこれらの建物、全て1910年代から1930年代前半までに建設されたものなのだ。それなのにたった今建設中の建物と比べてみても何ら遜色がない。現在の感覚で眺めてみても、なかなかデザインが良い。これらがおよそ100年前に建てられたものであるとは思えない。ベルリンでは1990年代にムゼウムスインゼル(博… 続きを読む



絶景テラスあり!のお洒落なカフェバー&レストラン。シュテッフェルの上にあるSky Bar

[2012/07/07] バレンタ愛

ウィーン中心のメインストリート、ケルントナー通りにあるデパートメント「シュテッフェル」。その最上階にあるのがSky Café Bar Restaurant です。表通りからは見えないので、ちょっとした隠れ家的な存在ですが、地元の人にもとても人気です。最上階は2つのスペースに分かれ、1つはカフェ&レストラン、もう1つはバーになっていますが、カフェ&レストランの方は禁煙、バーは喫煙OKになっています。両方ともシュテファン寺院を臨むテラスがあり、ウィーンの中心地の屋根や景色が見渡せます。 続きを読む



町全体が大仮装パーティー会場 寒さもストレスも一気に吹き飛ぶケルンのカーニバル

[2009/12/25] Kei Okishima

町中ビールの匂いが充満する珍しい一週間。それは2月のカーニバルである。寒さも吹き飛ぶこの行事。ドイツのカーニバルが有名なのはカトリック教徒の多いライン川の町やバイエルンだ。その中でどこか一つと言われれば、断然お勧めなのがケルンのカーニバルである。実はケルンのカーニバルは毎年11月11日、11時11分から始まっている。その後クリスマスに向けて一旦静まり、年明けから再び盛り上がりはじめる。そして最後の一週間は町中がお祭り騒ぎになるのだ。 続きを読む



オーデコロンはドイツが発祥の地、4711で「コロンの泉」を見る

[2009/02/17] Kei Okishima

オーデコロンがドイツから生まれたと聞いて驚く人もいるかもしれない。しかしフランス語の「Eau de Cologne」を日本語に訳すと、「ケルンの水」。そう、世界遺産の大聖堂で有名なケルンの「水」がオーデコロンの意味なのである。ケルン中央駅に着くと、「4711 Echt Koelnisch Wasser」(本当のケルンの水)という大きな看板が光る。日本でも愛好家の多いオーデコロン「4711」はケルンで生まれた。そして200年以上もその伝統は受け継がれ、今や世界中にその名が知られるブランドとなった。 続きを読む



2009年こそケルンへ!ポイントを押さえて現地人と一緒にカーニバルを満喫しよう

[2009/01/16] Kei Okishima

チョコレートやお菓子が山車からばら撒かれ、派手な衣装を身につけて騒ぎまくるケルンのカーニバル。この町が一年で一番盛り上がる時期だ。2009年のカーニバルは2月19日の木曜日から始まる。この日はケルンのホイマルクトという広場に10時ごろから人々が集まり、11時11分になると毎年市民から選ばれるカーニバルの王子が祭りの始まりを告げる。その合図を封切に町中が夜通し盛り上がる。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ケルン、観光」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。