「ゲロン島、パラオ」に関連する現地ガイド記事

「ゲロン島、パラオ」に関連する現地ガイド記事

ゲロン島、パラオに関する現地ガイド記事を集めました。ゲロン島、パラオの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ミクロネシアの海の花、バートレットアンティアスを一目見よう!

[2010/06/03] 秋野ヒロシ

Alli!アリー(こんにちは!)今月はパラオの東側のポイントからバートレットアンティアスを紹介しましょう。旧首都コロールからパラオのバリアリーフの東側をペリリュー島方面へ南下すること50分。ガルガシウルコーナーというポイントには「アカネの根」と呼ばれる岩があります。縦4m、横10mほどもある大きなこの岩の上にはアカネハナゴイとバートレットアンティアスが数千の群れを作っています。黒い大きな岩の上にオレンジと黄色の魚たちがそれこそ花ふぶきのように舞う可憐な姿は「美しい」の一言に尽きます。ある程度流れ… 続きを読む



南西風でも快適、東の大関ゲロン・インサイド

[2008/07/18] 秋野ヒロシ

夏のパラオは風が南西へと変わっていきます。冬から春にかけてよく潜っていた西側のポイントが風上となって荒れるため、風下となる東のポイントを多く使うようになる季節です。一般的にパラオは冬がTOPシーズンと言われますが、なんのなんの、近年は異常気象のせいなのでしょうか、風向きは変わってもダイビングポイントは普通に潜れることが多くなってきました。異常気象は問題ですが、これはダイバーとしてはウェルカムな状況なのではないでしょうか。 続きを読む



東の大御所、ゲロン・アウトサイドで特大シャコガイに遭遇せよ!

[2007/11/02] 秋野ヒロシ

旧首都コロールを南南東方面へ向けて出発し、ペパーミントグリーンとディープブルーのコントラストが眩しい水面をスピードボートでかっ飛ばして35分。デンゲス・パスというチャネルを越えると目の前にゲロン島が現れます。この島はとても美しいビーチがあると地元では有名な話ですが、残念ながら一般には開放はされていません。しかし島の前を潜るだけならモンダイナイ(モンダイナイはパラオ語。意味も使い方も日本語と一緒)。ここはゲロン・アウトサイドというダイビングポイントになっており、パラオの東側で一番有名なメジャースポ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ゲロン島、パラオ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。