「コテージ」に関連する現地ガイド記事

「コテージ」に関連する現地ガイド記事

コテージに関する現地ガイド記事を集めました。コテージの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シンガポールから行くビンタン島の知られざる魅力

[2017/02/22] 古関千恵子

リゾートエリアで憧れの存在はやはりバンヤンツリー・ビンタン。エレガントな調度品でまとめられ、全室にプライベートプールが付いています。ゴルフコースがリニューアルし、特別にディナーをセットしてもらう“デスティネーション・ダイニング”のチョイスも増えました。一方、トリコラビーチはフェリー埠頭から遠いので送迎が含まれているホテルやツアーを選ぶことがポイントです。たとえば、ビンタン・スパ・ヴィラ・ビーチリゾートは送迎やWi-Fi込み。オンザビーチのロケーションで水上コテージもあります。なかでもジャグジー・… 続きを読む



村全体が昔のまま保存された美しい村、レイコック村でゆったりした時間を過ごしてみよう

[2017/02/11] ディキンソン恵子

レイコック村はナショナル・トラストが管理運営しているので、村の通りにもナショナル・トラストのお店があり、元馬小屋だったティールームもあります。また村に滞在したいなら、B&Bが数軒ある他、ナショナル・トラスト直営のホリデイ・コテージもあります。コテージは4ベッドルームの6人用で、最低2日間滞在する必要があります。コテージ内には、もちろんWiFi、テレビや洗濯機などの現代社会に必要なものが揃っています。 続きを読む



ベトナムメコンデルタ地方の大都市「カントー」のハイライト

[2017/01/01] 古川 悠紀

カントーの市街地からタクシーで20分〜30分程度走ったところにある「ミーカン・ツーリスト・ビレッジ」は、広大な敷地内に随所に設けられた自然と一体になるアトラクションが人気のテーマパーク。日本でもお馴染みの猿回しやドッグレース、ベトナムの定番となっているワニ釣り体験など。また、メコンデルタの特産であり、ベトナムの名物でもあるライスペーパーを作っている現場を見学することもでき、蒸したてのもっちりとしたライスペーパーを食べることもできます。また、敷地内には宿泊用のコテージがあるので、もし気に入ったのな… 続きを読む



サーファーズパラダイス in ヴァルベリ

[2016/09/19] 田中ティナ

「昼間の長い夏は、日が傾いてからお弁当を作って海にくることもあります。夕暮れの光のゆらめきがきれいなの」、とカロラインさん。ヴァルベリのご自宅にはプールもあって、天候が良ければ5月下旬から9月中旬くらいまで楽しめるそう。夏になるととくに人が増えるというこのエリア、そのわけは「サマーハウス」にある。自宅以外に家を持つのはある種贅沢ではある。が、自分自身のサマーハウスを持たなくてもレンタルのコテージやキャンピングカー、キャンプ場などに長期滞在し、思い思いの時を過ごすこともできるのだ。 続きを読む



ファン必見!ジェーン・オースティンが晩年を過ごした家を訪ねてみよう

[2016/07/17] ディキンソン恵子

チョウトン村のコテージは、資産家の養子となった兄エドワードが、母親、姉とオースティン氏の3人が住めるようにと無償貸与したもので、エドワードが住んでいたお屋敷も近くにあります。そのお屋敷も、チョウトン・ハウス・ライブラリーとして庭園とともに公開されています。オースティン氏にゆかりのある場所として、ジェーン・オースティン・トレイルの1つにもなっているので、ぜひ足を伸ばしてみてください(http://www.janeaustentrail.org.uk)。コテージから徒歩で約10分くらいです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コテージ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。