「コペンハーゲン、劇場」に関連する現地ガイド記事

「コペンハーゲン、劇場」に関連する現地ガイド記事

コペンハーゲン、劇場に関する現地ガイド記事を集めました。コペンハーゲン、劇場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

コペンハーゲンのオシャレな屋台村!期間限定営業中♪

[2016/01/06] MizukiPoulsen

2014年にコペンハーゲンにオープンしたCopenhagen Street Foodは、お手頃プライスで世界中の料理が楽しめる人気の屋台村です。場所はオペラハウスの横、王立劇場の向かいでアクセスも良し。Papiroeenという島にある海に面した古い倉庫に、38のインターナショナルでユニークなフードトラックが集まっています。デンマーク料理はもちろん、フランス、イタリア、キューバ、メキシコ、コロンビア、トルコ、韓国、中国、そして日本からのおいしい軽食が楽しめます。 続きを読む



インテリア雑貨好き注目!ノーマン・コペンハーゲンの直営ショップをご案内。

[2013/02/03] MizukiPoulsen

1999年にJan AndersenとPoul Madsenによって設立されたノーマン・コペンハーゲンは、ユニークで気の利いたインテリア用品が人気のブランドです。2002年にNorm 69というシーリングランプを発表。その成功に続き、世界中のデザイナーと作り上げた製品は5年間でも38点。実用的ですぐれたデザインのインテリア雑貨、キッチン雑貨は、世界で多くのデザインコンペティションを受賞。2009年から家具のラインも誕生しその勢いは止まりません。 続きを読む



コペンハーゲンの街かどで、心まで温まるクリスマスを感じてみませんか?

[2009/10/16] Shohei

実は、デンマークの冬はとても日が短く、小雨や曇りの日が続くので、皆、家の中でこもるようにして過ごす事が多くなります。それだからでしょうか?デンマークのクリスマスといったら、「この日は特別!!」とばかりに、皆おおはしゃぎで楽しむのです!クリスマスツリーは毎年新しく本物のもみの木を買ってきたり、子供用に、毎日小さなプレゼントが付いたカレンダーも作ってカウントダウンを盛り上げたりなどしますので、どれほどデンマーク人がクリスマスを楽しみにしているかが伺えます。 続きを読む



デンマーク・スタイルで楽しむ、船乗りの街「ニューハウン」と港めぐり

[2009/07/14] Shohei

その名は「商人の港」という意味を持つ、首都コペンハーゲン。そして、今回ご紹介するエリア「ニューハウン」。とても小さなエリアですが、その名の意味は「新しい港」だそうです。新しいとは言っても、当時の船員の宿場町として賑わっていたころにつけられた名前ですので、現在は逆にコペンハーゲンの中でも古きよき時代の面影がよく楽しめる貴重なスポットとなっています。運河の脇には当時から残る建物が軒を連ね、淡い色調ながらも黄色や水色の建物は観光客の目を楽しませてくれます。 続きを読む



コペンハーゲンの夜を彩る、ゴージャスな王立劇場でのバレエ鑑賞

[2007/09/26] Yuki Jensen

文化都市の名に違わず、コペンハーゲンは、オペラ、バレエ、オーケストラ、ミュージカル、演劇などを堪能する事が出来ます。小さな劇場も沢山あるのだけれど、第一のお勧めは、伝統と格式溢れる王立劇場でのバレエ鑑賞。1748年建造のこの国立劇場は、高級ブティックが建ち並ぶコンゲンス・ニュートーブに面していて、その建築の華やかさ、内装の美しさは超一流。また、デンマークバレエは、くるみ割り人形や白鳥の湖などの伝統バレエからモダンバレエまで、多くのレパートリーを持っており、お気に入りが見つけられるはず。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コペンハーゲン、劇場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。