「コペンハーゲン、博物館」に関連する現地ガイド記事

「コペンハーゲン、博物館」に関連する現地ガイド記事

コペンハーゲン、博物館に関する現地ガイド記事を集めました。コペンハーゲン、博物館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ノーシェランの古城案内!王室の優雅な歴史がここに。コペンハーゲンから日帰り旅行もOK♪

[2017/02/25] MizukiPoulsen

デンマークの北シェラン島は北欧王室の古城を堪能したい方におすすめ 。デンマーク語でNordsjaeland(ノーシェラン)と呼ばれ、コペンハーゲンから30分ほどのスウェーデン対岸にある地区です。ここにはデンマークを代表するお城が数多く公開されています。というのも、デンマーク国王が誕生してから、デンマークはスウェーデンと戦争を繰り返してきたため、お城が国境ともいえる海沿いに集中しているとか。 今回は、フレデリクスボー城、フリーデンスボー宮殿、クロンボー城、エレミテーシェ城をご紹介します。 続きを読む



入場無料で満足度◎、デンマークの博物館&美術館ガイド!

[2016/05/09] MizukiPoulsen

国立の博物館と美術館は、18歳以下は入場無料、大人も場所によっては無料であることが多いデンマーク。その中でも最大規模、新旧のアートを楽しみたいなら、コペンハーゲン市内にあるSMK国立美術館がおすすめです。常設展は入場無料。世界中のアーティストの作品が展示されています。デンマークアーティストの作品も豊富です。■Statens Museum for KunstWEB:http://www.smk.dk/住所:Soelvgade 48-50, 1307 Koebenhavn K 続きを読む



10ヘクタールの緑の中でほっと一息。コペンハーゲンの植物園に行ってみよう!

[2014/10/14] MizukiPoulsen

コペンハーゲンの植物園Botanisk Haveは、市内ノアポート駅からすぐにある美しく整備された庭園です。コペンハーゲン大学付属デンマーク自然史博物館の一部として、広い園内、博物館、温室などが一般公開されています。入場料が無料ということもあり、植物好きな人はもちろん、地元の人の憩いの場としても人気のある場所です。すぐ近くにあるローゼンボー城の庭園コンゲンスヘーウに比べると、とても静かなので読書する人や居眠りする人もちらほらいます。 続きを読む



北欧家具、食器、テキスタイル。デザインミュージアム・デンマーク 今年注目の展示!

[2013/07/14] MizukiPoulsen

デンマークデザインの流れを時代・テーマ別にたどる、デザインミュージアム・デンマーク(旧工芸博物館 Kunstindustrimuseet)。ダニッシュデザインにひかれコペンハーゲンを訪れる人々や、現地のデザイナーに人気の場所です。2013年は、建物の修理のため常設展の部屋が少なくなっていますが、見所はたくさん。今回は、常設展とカイフランクとイッタラの展示、イギリスのテキスタイルの展示をあわせてご紹介します。 続きを読む



冬のコペンハーゲン。屋外リンクでスケートしてみよう!

[2013/02/21] MizukiPoulsen

クリスマスもセールも終わり、まだ日が出ている時間は短く、寒さが続くコペンハーゲン。つい家にこもりがちになりますが、そんなときに地元っ子が出かけていくのが屋外のスケートリンク!12月後半から2月頃まで、街のあちこちの広場が屋外スケートリンクに変わります。どのリンクも地元自治体が運営しており、すべるだけならいつでも無料。靴のレンタルだけ別料金です。日本の都市に比べると、冬の装備は必要ですが、少し体を動かしてみたい、ローカルに混じってみたい方、地元っ子に混じって滑ってみてはいかがでしょうか? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コペンハーゲン、博物館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。