「コペンハーゲン、穴場」に関連する現地ガイド記事

「コペンハーゲン、穴場」に関連する現地ガイド記事

コペンハーゲン、穴場に関する現地ガイド記事を集めました。コペンハーゲン、穴場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ミシュランからテイクアウトまで。コペンハーゲンで美味しくアジアのごはん☆

[2016/11/19] MizukiPoulsen

ヨーロッパを旅行中に炊きたてのご飯や麺類が恋しくなることありませんか? コペンハーゲンのおいしいアジアなレストランやテイクアウェイ5店をご紹介!レストランKiin Kiinは、タイ料理のグルメレストラン。タイ国外でのミシュランはここが最初。2016年も1つ星です。タイの屋台料理がモダンなコース料理に変身しています。ディナーのコース料理のみの営業。シアターメニュー4コース495dkk。テイスティングメニュー8コース975dkk。ゆったりとラウンジから始まり、その後テーブルに案内されます。アジア人… 続きを読む



冬のコペンハーゲン。屋外リンクでスケートしてみよう!

[2013/02/21] MizukiPoulsen

クリスマスもセールも終わり、まだ日が出ている時間は短く、寒さが続くコペンハーゲン。つい家にこもりがちになりますが、そんなときに地元っ子が出かけていくのが屋外のスケートリンク!12月後半から2月頃まで、街のあちこちの広場が屋外スケートリンクに変わります。どのリンクも地元自治体が運営しており、すべるだけならいつでも無料。靴のレンタルだけ別料金です。日本の都市に比べると、冬の装備は必要ですが、少し体を動かしてみたい、ローカルに混じってみたい方、地元っ子に混じって滑ってみてはいかがでしょうか? 続きを読む



快適なフィンエアーを使ってヘルシンキから始める北欧周遊旅行はいかがでしょうか?

[2011/10/22] Shohei

ご存知の通り、ムーミンとサンタクロースの故郷はフィンランド!コペンハーゲンやストックホルムから入っての北欧旅行をするのも良いですが、フィンランドから入ってみるというのもいかがでしょうか?フィンエアーを利用すれば成田、名古屋、関空からヘルシンキへの直行便が合計約週20便も出ていて、日本からたったの約9時間30分で行けます!なかなかの穴場エアライン(?)かもしれませんね。特にセントレアを使う東海圏の方々にはおすすめの方法です! 続きを読む


コペンハーゲンの穴場グルメスポット、ノアブロ!

[2010/07/08] Shohei

デンマークはかつて、中東の移民受け入れを強化していた時期があり、特に首都コペンハーゲンには多くの移民の方が住んでいます。移民が持ち込んだカルチャーは若者の支持と共に形を変えながら、こちらで独特な醸成を続け、コペンハーゲンの側面を成していると言えます。今回はそんな移民のエネルギーが溢れるエリア:ノアブロならではのグルメスポットをご紹介したいと思います!あまりガイドブックでは特集されることはありませんが、実は学生など地元の若者に絶大な支持を受ける人気のエリアです!! 続きを読む



輝く海、広がる庭園――コペンハーゲン郊外・ルイジアナ現代美術館

[2007/09/18] Yuki Jensen

北欧の地にあり、中央ヨーロッパとは少々趣を異にする独特のアートを育んできたデンマーク。その首都であるコペンハーゲンには、数えきれない程の美術館があります。個人所有であった美術が一般公開されてている場合もあり、規模も様々です。コペンハーゲン市内では、国立博物館やデンマークデザインセンター、素敵なカフェや温室のあるニューカルスペア美術館、広大な庭園の中に佇む国立美術館などがお勧め。しかし、なんと言っても一番のお勧め美術館は、電車で30分程のHumlebek(フムルベック)にあるルイジアナ現代美術館で… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コペンハーゲン、穴場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。