「コレクション」に関連する現地ガイド記事

「コレクション」に関連する現地ガイド記事

コレクションに関する現地ガイド記事を集めました。コレクションの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グアム最新のオンザビーチに立つ5ツ星リゾート、デュシタニグアム リゾート

[2018/01/20] 古関千恵子

グアム随一の背高のっぽの31階建てのホテルウィングに、客室は421。ほとんどの部屋がオーシャンビューで、バルコニーにチェアを用意。最も部屋数の多いデラックスオーシャンフロントは、扉を開けると、大理石のバスルーム、そしてベッドルームへ。広さ41平方メートル以上を確保した、ゆったりとした間取りです。ブルーを基調とした海のイメージの客室は爽やかな印象です。3ベッドルームの「ヴィラ・アズール」はオーナーが蒐集したアートコレクションが所狭しに飾られた豪華版なお部屋。プライベートプールも付いています。こちら… 続きを読む



王族一家が経営するホスピタリティー溢れるRangniwas Palace Hotel

[2018/01/06] 溝内みな

ガーデンは、とても開放的で、私は本を読んだりチャイを飲んだり、のんびりとくつろぎました。王族の家族もガーデンにくつろぎに来ますよ!ラウンジはフロントのすぐ横にあるのですが、ここも必見です。というのは、王が狩猟したトラの剥製、刀剣のコレクションなどが展示されているんです。ソファや椅子も年代物が多く、チェックアウト後はしばし、ここで過ごし、贅沢な気分を味わいました。スイミングプールもあるので、酷暑の夏季には是非利用したいものです。 続きを読む



アガサ・クリスティの別荘、美しいグリーンウェイに行ってみよう!

[2017/10/29] ディキンソン恵子

グリーンウェイの中は1950年代に装飾され、当時の雰囲気そのままに、クリスティ一家が実際に使用していた家具や調度品で埋め尽くされています。収集家だった一家の、考古学や食器などの素晴らしいコレクションの数々も展示されています。グリーンウェイは名称を変えて、クリスティのミステリーの舞台としても3つの小説内に登場しているそうですが、どれだけクリスティがこの別荘に愛着を持ち、インスピレーションを受けていたのかがうかがえます。テレビ番組「名探偵ポワロ」シリーズの「Dead Man's Folly(死者のあ… 続きを読む



ウィーンでお薦めしたいホテル、パークホテル・シェーンブルン

[2017/09/30] Hiromi

650年近く続いたハプスブルク家の拠点だったウィーン。市内にはあちらこちらにハプスブルク家ゆかりの宮殿や離宮、館が点在している。音楽の町として知られるウィーンには超一流の歌劇場やコンサートホールがある。見どころの多いウィーンであるが、観光客が必ず訪れるであろうスポットが王宮ホーフブルクとシェーンブルン宮殿。どちらも歴代オーストリア大公や皇帝の居城だった。ホーフブルクは旧市街のど真ん中にあり、皇帝の居室だったカイザーアパートメントやハプスブルク家のコレクションが展示されている宝物殿、銀食器博物館な… 続きを読む



ジャイプールでのショッピングは、Bunkar Rajasthan Handloom Houseへどうぞ!

[2017/08/30] 溝内みな

ブンカルのベッドカバーのコレクションは、価値ある素晴らしいものが揃っていました。インディゴ染め、ハンドパッチワーク、ミラーワークなどに手刺繍を丁寧に施した商品は、一枚を作成するのに数日以上かかるものもあるそうです。それぞれ布の組み合わせや糸の色も違う一点物が多数あります。インディゴ染めの製品には、ダブプリントと呼ばれる防染藍染手法を施したものもあり、ラジャスタン州地方の特産のものです。ダブプリントは、布にブロックプリントした部分に糊の役目になるものを付着させ、染め液がしみこまないようにし、模様を… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コレクション」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。