「コレクション」に関連する現地ガイド記事

「コレクション」に関連する現地ガイド記事

コレクションに関する現地ガイド記事を集めました。コレクションの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

エゴン・シーレのコレクションでは世界最大のレオポルト美術館

[2018/11/12] Hiromi Okishima

赤裸々な肉体や性の表現など、シーレはそれまで描くことをタブーとされていた分野に躊躇わず挑戦した。風景画でも、まず人が選ばないであろう廃屋や枯れ木を題材に描いている。シーレのそうした寂しい絵から、盛んにメッセージが送られてくるのだ。それにしても名前が売れていなかったシーレの絵をこんなにもたくさん集めた人って、誰なのだろう。それはかつて医学生だったルドルフ・レオポルト。夫人のエリザベートと共にシーレの絵を集めたので、コレクターの名は“エリザベート&ルドルフ・レオポルト”となっている。二人は50年以上… 続きを読む



王宮の中の3つの博物館〜シシィ博物館、皇帝の部屋、銀器コレクション〜

[2018/11/04] バレンタ愛

そして「銀器コレクション〜Silberkammer〜」では15世紀から引き継がれてきたハプスブルグ家の豪華な食器コレクションを見ることが出来ます。金銀、そして磁器や日本を伊万里焼を含む海外の食器など、ハプスブルグ家の食卓を飾った豪華なコレクションです。この3つの博物館を見学してオーストリアの歴史とハプスブルグ家の栄光に触れてみてくださいね。 続きを読む



セレブが集まるサントロペ 素敵な風景と共に芸術を楽しむ

[2018/11/01]

サントロペに行ったら是非訪れて欲しい美術・博物館をご紹介しましょう。1922年に礼拝堂を改装してつくられたl’Annonciade(ラノンシアード)美術館です。この美術館は1890年から1950年の間に発表されたコレクションが展示されています。特に点描派の巨匠ポール・シニャックをはじめサントロペと関わりが深い画家の作品を収蔵。海を愛していたシニャックはサントロペに魅了され家を購入し、アトリエを構えました。そしてアンリ=エドモン・クロス、アンリ・マティスなどの画家を招待しました。そしてこの地の風土… 続きを読む



こんなにも価値があるザルツブルクのドーム・クォーター

[2018/10/26] Hiromi Okishima

大聖堂からは南側の回廊部分へ。ここは聖ペーター修道院の中庭に面しており、細長い建物になっている。レジデンツは別格として、このドーム・クォーター最大の見所はキャビネット室だ。その名も“美術と特別素晴らしい小部屋Kunst- und Wunderkammer ”になっている。真っ白な漆喰壁と美しい天井の部屋に置かれた17世紀のキャビネットの豪華さもさることながら、その中に収められた美術品の数々に息を呑む。歴代の大司教が集めた貴重なコレクションで、宝石で埋まった聖杯や宗教儀式に使われる黄金のカップ、貴… 続きを読む



1000年前のミイラと対面!ナスカの巨大墓地「チャウチージャ」

[2018/10/14] 原田慶子

プレインカ最大級の墓地とはいえ、現存する墓はわずか10数基。残りの大部分は、ワッケーロと呼ばれる墓泥棒たちによって荒らされてしまったのだ。墓を暴いた泥棒たちは土器や貴金属製品、死者を包んでいた織物を根こそぎ奪ってしまった。ミイラそのものも売買の対象とされ、国内外の博物館や個人の“コレクション”としていろいろな場所に散らばっている。発掘場所を明記せず、ただ単に「ナスカのミイラ」と紹介されるものの中には、このチャウチージャから盗まれた可能性があるかもしれない。ペルー文化庁(当時)が正式な調査と保全を… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コレクション」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。