「コロッセオ、入場料」に関連する現地ガイド記事

「コロッセオ、入場料」に関連する現地ガイド記事

コロッセオ、入場料に関する現地ガイド記事を集めました。コロッセオ、入場料の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

こどもとローマの休日

[2012/06/24] りんみゆき

ローマというとロマンチックな響きでカップルだけという感じがしますが、こどもと一緒に楽しめるところもたくさんあります!とはいえ、道は石畳も多くベビーカーでは移動がしにくいので、ベイビー連れならスリングがおすすめ。まずしたいのは「もう一度来られるように」トレビの泉でコインを投げることですよね。人でごった返しているので迷子とスリには要注意。コインを投げる時はユーロコインのお勉強も兼ねて。夏の暑い時は給水地点にもなります。トレビからスペイン階段へは子どもの足でも歩ける距離、幼児で30分強が目安。 続きを読む



イタリアの起源はここに!二千年前の遺跡:フォロ・ロマーノとパラティーノの丘

[2009/03/27] 木場しのぶ

長かった冬も終わり、観光シーズン本番となりました! 中でも暑い暑い夏を迎える前のこの季節にもってこいの旅活動は屋外探索。紀元前753年頃に始まったという古代ローマの荘厳な遺跡の中をゆっくりと歩きまわりながら、浪漫を感じてみませんか?【注:日本と同じく南北に細長いイタリアは、日本よりちょっとだけ高緯度ですが、季節の移り変わりと気候はほとんど似たようなものです】 続きを読む



ご存知、ローマ名物「コロッセオ」をじっくり堪能!

[2007/09/27] 山盛菜々子

ローマ帝国の栄華を象徴するコロッセオ。円形の闘技場は、ローマ帝政期の70−72年頃に建設されはじめ、80年から使用されるようになった。ローマ帝国時代の円形闘技場の中では、最大規模の闘技場で、当時の建築技術と工学が最大限に活用された賜物だ。直径188m、高さ48.5mのスペースでは、当時、5万人もの観客を集めて、剣闘士の試合、海戦の実演、猛獣狩りなどの殺伐な闘技が行われた。オープン記念には、午前中に動物の余興、正午には、犯罪者の死刑執行、そして、午後は闘技士の試合など格闘技からなるローマ時代の典型… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コロッセオ、入場料」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。