「コンクール」に関連する現地ガイド記事

「コンクール」に関連する現地ガイド記事

コンクールに関する現地ガイド記事を集めました。コンクールの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パテシエ オリオール・バラゲによるタパスレストラン”Cuatre Coses "がオープン

[2019/02/17] 鈴木美佐子

スペインのデザート界で幅広く活躍する、ORIOL BALAGUER氏(オリオル・バラゲ氏)。世界のデザートコンクールでは多くの賞を獲得し、「デザート界のピカソ」とも呼ばれることも。とくに宝石のように美しく、斬新なチョコレート・ボンボンは多くの人を魅了しています。世界でも彼のファンは多く、チョコレート通なら名前を聞いたことがあるはずです。 続きを読む



ペンキのかけ合いから仮装パレードまで!カハマルカのカーニバル

[2019/01/17] 原田慶子

3月3日(日)仮装行列コンクール:カーニバル最大の見どころは、なんといっても華やかな仮装行列だろう。この日はカハマルカ全域から参加者が集まり、チームごとに自慢の衣装やダンスを競い合う。アンデスの伝統的な民族衣装から、ヨーロッパのカーニバルを彷彿とさせるエレガントな装い、天使や悪魔など仮装テーマはいろいろ。どのグループも力作ぞろいで、見ごたえ十分だ。事前に広報される巡回ルートで待つもよし、審査員が待機するアルマス広場に陣取るもよし。広場に設置される観覧席は終日利用で一席20〜25ソレス(約670〜… 続きを読む



こんな素敵なカフェ&ケーキ店がブダペストに登場

[2018/07/09] Hiromi

デザート・ネケドは、スザンナとベアトリクスという仲の良い2人の女性が始めたケーキ店である。2014年オープンという、まだ新しい店だ。最初はマカロンだけを作っていた。するとパリのピエール・エルメのマカロンにも匹敵する美味しさ、とたちまち評判になる。2015年、2016年と続けてハンガリーの菓子コンクールで金賞を受賞する。徐々にフィナンシェやフランス風ケーキも作り始め、2017年にカフェも併設してこの場所に店を構えた。ケーキは一つ690〜980フォリント(1フォリント約0.5円)と、決して安くはない… 続きを読む



コンクールから奉仕活動まで さまざまな物語があるフランスのバゲット

[2017/08/26]

2017年の5月、フランスでは何より注目を集めたのはフランス大統領選。その傍ら市民に密かに注目を集めていたのは大統領選挙の数日前に行われた例年開催されるバゲットコンクールです。コンクールに応募されたなかで長さ55〜65cm、重さ250〜300g、塩の量18g/1kgの規定を満たしたバゲットを審査します。優勝者は4000ユーロの賞金を得るだけでなく、1年間大統領がいるエリゼ宮におさめる権利も獲得できるのです。そうです、マクロン大統領と同じパンと食すことができるのです。 続きを読む



花で彩られたイタリアの美しい村〜花の祭典も圧巻!

[2017/03/05] 木場しのぶ

コンクール形式で、参加するグループはみな2晩(金曜の夜から日曜の朝)にかけて総力を挙げて絵を完成させます。といっても、デザインの検討、材料集めには数か月をかけてるわけなので俄然力が入ります。そんな温かいコラボレーションが生む素晴らしい絵が、完成した際から風化していくのが残念でならないのですが。。。でもそれだから余計感動も大きく目に焼き付くのかもしれませんね。今年の聖体節は6月15日。しかしその日は木曜日の為、昨今は週末に祝われるようになりました。どうぞ6月17-18日(土・日)にお出かけください… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コンクール」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。