「コンテナ港、シンガポール」に関連する現地ガイド記事

「コンテナ港、シンガポール」に関連する現地ガイド記事

コンテナ港、シンガポールに関する現地ガイド記事を集めました。コンテナ港、シンガポールの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アート好きは要チェック!巨大なコンテナ港の倉庫がホットなアートスポットに

[2009/10/06] 葛西玲子

東西交易の中継地として発展を遂げたシンガポール。世界最大規模のコンテナ港として、湾岸沿いには延々とコンテナが積木のように並び、ガントリークレーンがキリンの群れのように首を伸ばす壮観な光景は現在もシンガポールの日常風景です。でも、港内に足を踏み入れる機会はなかなかないなあと思っていたら、そのコンテナターミナルの一角の倉庫に、コンテンポラリーアートのギャラリーが集まり始め、フレッシュなアートコミュニティができあがりつつあります。 続きを読む



旅情とノスタルジーを誘う、マレー鉄道駅。究極はオリエンタル急行の旅。

[2009/09/28] 葛西玲子

世界でも指折りの優良空港を擁する小さな都市国家シンガポールでは、東南アジアのハブ空港として多くの移動客が交差するのみならず、住民にとっても近隣都市に出かける身近な足として、新幹線に乗るような感覚で飛行機が利用されています。お隣の国マレーシアの首都クアラルンプールには日帰りで出かける人も多く、片道40分程度のフライトは1日に20〜30便ほども出ている上に、5時間程度の高速バスもお手軽。のんびり走る列車を使ってクアラルンプールに行くというような悠長なことを考えるのは旅行者くらい・・と皆言うのですが、… 続きを読む



今ならオープニング特別価格で泊まれる!究極のラグジュリーホテルがオープン!

[2009/05/12] 葛西玲子

開業前から何かと話題になっていたラグジュリーホテル、カペラ・シンガポールが2009年3月末にオープンしました。カペラホテルズ&リゾーツというと、元リッツカールトン社長で、著名なホテリエであるホルスト・シュルツ氏が創業した、究極のラグジュリーホテルとして躍進中のブランドです。以前にそのカペラリゾーツの幹部と話をする機会があり“最高の隠れ家リゾートホテルとして名高い某ブランドを超えるホテルづくりとサービスを提供するのが理念”と伺って、アジア初となるシンガポールのカペラがどんなホテルになるのか、興味津… 続きを読む



緑深いジャングルに感動!都心に9キロの美しい散歩道

[2009/05/08] 葛西玲子

都市国家でありながら、街中に溢れる熱帯のつややかな緑が美しいシンガポール。2009年は国立ボタニックガーデンが開園150周年を迎えることもあり、市民の公園ブームも盛り上がっています。週末の朝に、ジョギングや散歩をする人や、家族連れでハイキングに出かける姿も増えているように思います。国土の9%は公園というシンガポール、数年前から、国家が取り組んでいるのは、分断されたそれらの公園を、車道を通ることなくサイクリングやジョギング、散歩ができるように繋ぐ“パークコネクター”の設置です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コンテナ港、シンガポール」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。