「サトウヤシ」に関連する現地ガイド記事

「サトウヤシ」に関連する現地ガイド記事

サトウヤシに関する現地ガイド記事を集めました。サトウヤシの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

自然の中で営まれる昔ながらの暮らしに触れる旅―プレイベーンへ行ってみよう

[2009/06/16] 井伊 誠

プレイベーンの町から車やバイクで数分走れば、そこはもう農民達の世界です。未舗装の道に沿って木造の高床住居が立ち並び、そこでは昔ながらの暮らしが営まれています。水田へ目を向ければ人間とともに農作業に精を出す牛、水場でのんびりと水浴びをする水牛、空高くそびえるサトウヤシの木、どこまでも続く真っ青な空とその下で太陽の恵みを受けて鮮やかな花を咲かせるハス……。カンボジアの田舎の醍醐味が詰まっています。腕を思いっきり広げて深呼吸してみれば、日頃のストレスもたちまち飛び去ってしまうでしょう。 続きを読む



プノンペンから車で30分!田舎の景色を味わいながら日帰りドライブを楽しもう

[2009/04/02] 井伊 誠

カンボジアの大きな魅力のひとつが田舎の風景でしょう。広々とした田園とそこににょきにょきと生えるサトウヤシ、その横を流れる川、水浴びをする水牛、視界いっぱいに広がる真っ青な空と綿あめのように立体的な雲。自然が好きな人にはたまらない絵がカンボジアの田舎にはぎっしり詰まっています。といっても、ガイドブックには観光地の情報しか載っていないから、何か目指す目標物なしに漠然と「田舎の旅」なんて言われても難しい……、という方のために、今回はカンボジア版たくあん漬け「チャイパウ」づくりを見学しにカンダール州スア… 続きを読む



昔から村の酒飲みたちに愛されてきた、カンボジアの伝統酒タックトナウトチュー

[2008/11/21] 井伊 誠

カンボジアはもうすぐ雨季が終わり、乾季(一般に11月上旬頃から5月上旬頃)に突入しようとしています。雨のほとんど降らない乾季は、一般的なカンボジア旅行のベストシーズン。なかでも、12月から2月にかけては比較的涼しく、日本から遊びに来てもあまり暑さを感じないときです。さて、乾季といえば、タックトナウトチューの季節でもあります。タックトナウトチューとは、サトウヤシの樹液を発酵させたアルコール飲料で、サトウヤシが身近な農村で昔から親しまれてきたお酒です。知られざるカンボジアのお酒、どんなものか味わって… 続きを読む



定番と侮るなかれ!シェムリアプの人気マーケット「オールドマーケット」

[2008/10/14] 井伊 誠

乾季(11月下旬頃から5月上旬頃)なら、サトウヤシの樹液を煮詰めたヤシ砂糖もおすすめです。精白した砂糖とは違い、濃厚で栄養分も含まれているヤシ砂糖は、カンボジアで古くから生産されてきた伝統的な砂糖です。コーヒーや紅茶に入れても楽しめますし、プレーンヨーグルトに加えてもおいしくいただけます。また、和風の煮物にコクを加えるのにも役立つ優れものです。ヤシ砂糖は固形のものと半液体状のものがありますが、お土産として持ち帰るのなら固形のものが便利でしょう。サトウヤシの葉に包まれて売られているので、南国の雰囲… 続きを読む



地方間を結ぶ長距離バスに乗ってカンボジアの田舎の風景を味わおう!

[2008/07/15] 井伊 誠

乾季の田は乾ききっており、空も全体的に白くもやのかかったような感じの日が多いのですが、雨季は違います。田植えが終わり、青々とした田んぼにカンボジアのシンボルのひとつであるサトウヤシ(オオギヤシ)が背丈を伸ばすさまも見逃せません。サトウヤシの背後には、真っ青な空にもくもくとした雲が浮かび、くっきりとした立体的な風景を見せてくれます。「そんなこと言っても雨が降るんでしょ?」。確かに雨は降りますが、日本の梅雨のように1日中雨がしとしと降り続くことはまれです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サトウヤシ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。