「サパ」に関連する現地ガイド記事

「サパ」に関連する現地ガイド記事

サパに関する現地ガイド記事を集めました。サパの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

中秋節の季節がやってきました

[2016/11/15] まさこ

この季節、取引先へ、お世話になったあの人へ、親戚に、友人になどなど贈り物合戦が繰り広げられています。だから、月餅店の紙袋を持ち歩いている人がいっぱい見かけます。中でも有名な2店といえば、ほぼ毎日地元の人と観光客で溢れかえり、外にまで長蛇の列が広がるお店「佳徳」。ここは今年も大盛況。「佳徳」は、パイナップルケーキも超有名なこともあって、ひっきりなしに訪れる観光客で年中混みすぎなお店です。だからか?パイナップルケーキならファミリーマートでも買えるようになっているようです。これはありがたいですね。それ… 続きを読む



チリの高級リゾート地「サパジャール」へ行こう

[2016/08/20] 鰐部マリエ

チリでは有名な奇麗な海が広がる高級別荘地のサパジャール。しかし周りにはアトラクションやアクティブな施設などもない、静かな海と高級ホテルや別荘が立ち並ぶ場所です。少し物足りなく感じてしまいそうですが、チリ人の多くは日常から切り離されたそんな環境でのんびり海を眺めながら日焼けをしたり、本を読んだりしながら長い時間をゆっくりと過ごすのを楽しんでいる人を多く見かけます。そんなサパジャールに行ったら泊まってみたいホテルが、ネットの口コミでも人気の高い「ホテル イスラ セカ(Isla Seca)」です。 続きを読む



いまセビリアで最注目な広場、「アラメダ」を探求しよう!

[2007/09/21] 田中富子

ここ数年、セビリアのartistas(アーティストたち)やpijos alternativos(お金持ち層のモードっぽい人たち)が集まる場所として知られているALAMEDA DE HERCULES(アラメダ・デ・ヘルクレス広場/以下、アラメダ)。旧市街地の北に位置する、このアラメダは、約10年前まで、夜は治安の悪い怖〜い場所だったが、それ以降、政府が行っている土地再開発で、今やセビージャで一位、二位を争うポップな所となっており、注目度いっぱいである。大聖堂等、世界遺産が立ち並んでいる地区より徒歩… 続きを読む



これぞ台湾の味!超ローカルフード「魯肉飯&鶏肉飯」

[2007/09/14] 姿ゆうこ

今日は欲張って「魯肉飯25元(約90円)」と「鶏肉飯30元(約108円)」の両方と、小皿料理は「メンマの煮付け25元(約90円)、スープは「香茹鶏湯40元(約144円)」をいただくことにしました。「魯肉飯」は、赤身と脂身のバランスがいい感じ。とろとろに煮込まれた豚バラ肉は思ったよりしつこくなく、甘辛い醤油ダレと一緒にご飯にからみます。タレのしみこんだご飯をちょっとお行儀悪くかっこむと、不思議ですが、なんだか懐かしい味がします。「鶏肉飯」は、しっとりとした鶏肉と、揚げ玉葱の風味のきいたタレがよく合… 続きを読む



厳しい修行生活が産む、ドイツ伝統の黒パン「Schwarzbrot」

[2007/08/20] Kei Okishima

伝統的な黒パンの味を今でもそのまま残しているのはケルンにあるBaeckerei Zimmermannというお店だ。1875年から同じレシピで作り続けており、噛むほど味が深くなる。パサパサ感が気になる場合はたっぷりのバターやクリームチーズを乗せていただこう。この黒パンは保存料など一切使っていないが最低14日間は持つ。秘伝レシピこそ教えてもらえないが、黒パン以外にもライ麦、小麦、かぼちゃやひまわりの種を加え一日に50種類以上のパンを作り出しており、店内は毎日常連客で満員。黒パンはドイツ国内の顧客に郵… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サパ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。