「サボテン、種類」に関連する現地ガイド記事

「サボテン、種類」に関連する現地ガイド記事

サボテン、種類に関する現地ガイド記事を集めました。サボテン、種類の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ペルーは南米のフルーツパラダイス!その2

[2015/11/22] 原田慶子

「フルーツパラダイス・ペルー」。今回はアマゾンの人々に愛される森のフルーツを紹介しよう。まずは自然界で最も多くのビタミンCを含むといわれている「CAMUCAMU(カムカム)」から。赤紫色の丸い果実で、ビタミンC含有量はレモンのおよそ60倍。酸味が強いためジュースに加工されることが多く、その果汁は日本にも輸出されている。オオミテングヤシの果実「AGUAJE(アグアヘ)」も、ペルーを代表する熱帯フルーツだ。生の果肉は酸味とえぐみが強いが、茹でてジュースやアイスクリームに加工すると、何とも言えぬ独自の… 続きを読む



ペルーは南米のフルーツパラダイス!その1

[2015/10/25] 原田慶子

海岸地域、山岳地域、そしてアマゾンという多様な気候風土を有すペルーは、世界有数のフルーツ生産国。南米原産の果物は多く、マンゴーやパパイヤ、パイナップルといった日本で珍重されるトロピカルフルーツも、ペルーでは日常的に食べられており、その豊かさには驚きを隠せない。メルカド(伝統的市場)の果物店では最低でも20種類、外国人観光客が立ち寄るような大きな店舗なら200種類以上の色鮮やかなフルーツが店頭に並び、一様に甘酸っぱい芳香を漂わせている。ホテルの朝食に出てくるカットフルーツだけを食べて帰国するのは勿… 続きを読む



新鮮で美味しい野菜や果物が並ぶ、地元人が通う「フェリア」へ行ってみませんか?

[2015/08/27] 鰐部マリエ

サンティアゴの旧市街では毎日のようにどこかで「フェリア」が多く開かれています。フェリアとはスペイン語で市場という意味なのですが、主に野菜や果物や日常品などが中心に売られています。例えばスーパーでは1キロ約1200ペソ(約240円)するトマトが、フェリアではなんと1キロ約700ペソ(約140円)で買うことができます。値段も安いですが、なんといっても新鮮でオーガニックな美味しい野菜や果物が揃っているのが特徴です!美味しい野菜や果物を求めて特に週末になると多くの人でフェリアは賑わっています。 続きを読む



チューリッヒ市内にある緑のオアシス〜植物園〜

[2015/06/15] ロッテンマイヤー

チューリッヒ大学が創立した同時期の1837年、現在の基となる旧植物園が完成しました。その後、現在の形となったのが1977年。当時、同エリアに新たに植物園を建設することは非常に苦労を要することでしたが、この地が元々柔軟に応用がきくものであったため、結果、以前よりも視覚的に広々とした敷地が出来上がりました。当植物園は現在チューリッヒ大学の研究の下管理・運営されており、世界中の様々な植物の生態を知ることができます。 続きを読む



ウィチョール族の伝統工芸品、過程を知ると文化が見える

[2014/02/10] 宮谷千英

ウィチョール(Huichol)族はスペインが侵略してくる以前からいる部族で、メキシコ・シティの北、第二の都市グアダラハラのあるハリスコ州(Jalisco)とナヤリ州(Nayarit)にまたがる、シェラ・マドレ・オクシデンタル(Sierra Madre Occidental)に住んでいる。人口は、8千人から1万人。スペイン征服以前からの伝統を色濃く残している珍しい部族で、ウィチョール族の純血を守る事を誇りに思っている。刺繍の入った独特の民族衣装を、男の人でも普通に着ているらしい。また、一夫多妻が認… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サボテン、種類」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。