「サロンドテ、パリ」に関連する現地ガイド記事

「サロンドテ、パリ」に関連する現地ガイド記事

サロンドテ、パリに関する現地ガイド記事を集めました。サロンドテ、パリの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

優しくラブリーなティーサロン「アン・テ・ア・パリ」

[2010/08/31] 田中知子

フランス革命発端の地バスティーユ。観光で訪れる方も多いはず。スタイリッシュで若者に人気のカフェやショップが多く、夜遅くまで賑やかなエリアですが、今日はとっても優しくラブリーなティーサロンご紹介します。メトロのバスティーユ駅から歩いて5分のところにあるアン・テ・ア・パリ「Un the a Paris」。フランス人カップルで切り盛りするアットホームなサロン・ド・テです。サロン・ド・テというと庶民的なカフェよりも高貴で格式高く気取ったイメージがありますが、こちらのお店は気兼ねしないで大丈夫。都会の喧騒… 続きを読む



16区 高級住宅地の人気パティスリー BECHU(ベシュ)

[2010/05/31] 田中知子

パリ16区、高級住宅の立ち並ぶビクトル・ユゴー大通りに、地元マダム御用達のパン・ケーキ屋さんであり、観光客や買い物客にも人気のサロン・ド・テがあります。ビクトル・ユゴー大通りにステュディオを借りて、朝食にクロワッサン、ランチにバゲットサンド、おやつにケーキ・・・と日常的に利用したいようなお勧めのお店。広々としたテラス席や店内にも予想外に広い客席があり、パンを買いに来たついでにゆっくりとお茶を楽しめます。 続きを読む



ちょーかわいいロシアンティーのお店 クスミティー

[2010/03/30] 田中知子

最近、日本でも名前を良く聞くロシア発祥の紅茶ブランドのクスミティー。今回はとっても素敵なクスミティーのショップをご紹介します。ロシアンティーとは、本来煮出して入れる濃いチャイのようなもの。しかし、このクスミティーはパリを拠点に展開していることもあり、フランス風にアレンジしたフレーバーティーが人気。まさに香りを楽しむロシア風フランス紅茶といったところでしょうか。ロシア風の缶がかわいくて、おしゃれなお土産にも最適。老舗の紅茶を求めにぜひ訪れてみて。 続きを読む



パリ6区の昔懐かしいサロン・ド・テ

[2010/02/04] 田中知子

英語でマミーというとママ(お母さん)のことですが、フランス語のマミーとは実はおばあちゃんのことを意味しています。今日、ご紹介したいサロン・ド・テ、「マミー・ガトー」はおばあちゃんが作ってくれるような、温かみのある素朴なお菓子を味わえるとっても素敵なお店です。モダンなパティスリーもいいけれど、シンプルで素朴なお菓子を毎日丁寧に焼いているそんなサロン・ド・テでのお茶もたまにはいかがですか?こちらのお店、店内のアンティーク家具も素敵なので、お菓子やカフェ好きの方のみならず、インテリア、雑貨好きの方も必… 続きを読む



ジャックモン・アンドレ夫妻の邸宅で個人コレクションに触れてみよう

[2009/07/29] 夏樹

ジャックモン・アンドレ美術館(Musee Jacquemart Andre)は、19世紀後半、ナポレオン3世時代のエドワール・アンドレとネリー・ジャックモン夫妻の邸宅跡にある美術館です。とくに、ボッチチェリ、ウッチェロなど、イタリア・ルネッサンス時代の巨匠の作品が充実していることで知られています。ぜひ、お勧めしたいのは、ここのサロン・ド・テ。夫妻の食堂だった場所ですが、17世紀のベルギー産タピスリーが壁を飾り、天井はティエポロのフレスコ画に飾られているという豪華さです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サロンドテ、パリ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。