「サンセット」に関連する現地ガイド記事

「サンセット」に関連する現地ガイド記事

サンセットに関する現地ガイド記事を集めました。サンセットの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

エキサイティングな人種のるつぼニューヨーク

[2018/09/05] りんみゆき

ハリウッド映画のロケ地としてもよく登場するエンパイアステートもニューヨークのシンボル。屋外に出られる86階と屋内の102階チケットがあります。見下ろすと吸い込まれそう!黄色いタクシーがミニカーのように見え、まるでキングコングになったよう。ギフトショップにはお決まりのキングコング&エンパイアステートのグッズも売っています。一度上までのぼると制限時間はないので、時間があったら夕方ごろ行って、昼間、サンセット、夜景とマンハッタンの違う表情を見比べるのもおもしろいでしょう。 続きを読む



エルニドのエコ・ラグジュアリーなリゾート、パングラシアン・アイランド

[2018/08/30] 古関千恵子

レストランやバーなどの飲食施設は、美しい島の自然を愛でられるデザイン。クラブハウスバーは光踊るビーチの正面にあり、ブルーのグラデーションがきれい! 2階にあるレストランは角度を変えて、高い位置から海を眺めることができます。サンライズとサンセット、両方が見られるのもポイントです。メインプールは木立の合間から海を望む、隠れ家感あふれる雰囲気。プールサイドにあるバーもシック。スパでリラックスしたり、サンライズ・ハイクやラグーンツアーなど日替わりの無料アクティビティに参加したり、気ままにスノーケリングを… 続きを読む



マラケッシュ発3日間のサハラ砂漠ツアー

[2018/05/18] りんみゆき

ツアーのハイライトでもあるサハラ砂漠へはメルズーガから入ります。メルズーガのホテルで荷物の整理をし、その晩必要なものだけを用意し持って行きます。食事は込みですが、飲み水はないので持参。目安としては1人2リットルあればいいそうで、このホテルで水を購入することも可能。砂漠の入り口でお行儀よく待機しているらくだに乗っていざシェビ大砂丘へ。らくだはロープでつながれているので一列になって進みます。子どもはらくだも小さめの子どもらくだに。見渡す限り砂、砂、砂。夕方とはいえ熱く、スカーフを巻いてサングラス着用… 続きを読む



最終日のタヒチ島ステイに便利。サーファーやビジネス、幅広いゲストにOKのマナヴァ・スイート

[2017/12/20] 古関千恵子

マナヴァ・スイート・リゾート・タヒチのアイコンとなっているのは、タヒチ島で一番大きなインフィニティプール。スイムアップ・バーを併設し、サンセット時ともなると、海とモーレア島が茜色に染まる絶景が広がります。キッチン付きですが、ポリネシア料理とインターナショナル料理の評判の高いレストランも利用したいところ。料理長のジャン・バプティスト・ピアード氏は2013年「フレンチポリネシアのベストシェフ」に選ばれたことも。また、フィットネスセンターや伝統的な癒しの手法からインスパイアされたスパ、ブティックなど、… 続きを読む



クラビで思いっきりアウトドア体験

[2017/12/06] りんみゆき

アイランドホッピングのツアーはいろんな種類のものが出ていますが、午後発のアイランドホッピングとサンセットクルーズがおすすめ。ロングテイルボートに乗りこみ、3つの島に上陸してフリータイム。途中、ボートを2カ所で停めて、シュノーケリングタイム。マスクとフィンは貸してくれます。ボートに戻ったら、タイミングよくパイナップルとスイカのおやつを持ったスタッフが回ってきます。チキンアイランドは船からウォッチング。絵画のような美しいサンセットを観賞した後はプラナンビーチでディナータイム。さらに冒険は続き、夜の海… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サンセット」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。