「サンタアンジェロ城」に関連する現地ガイド記事

「サンタアンジェロ城」に関連する現地ガイド記事

サンタアンジェロ城に関する現地ガイド記事を集めました。サンタアンジェロ城の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

国がまるごと世界遺産のバチカン市国

[2008/01/30] 山盛菜々子

ローマに囲まれるように、テヴェレ川の右岸にあるバチカン市国は、世界一小さい国家である。東京ディズニーランドの中に収まってしまうほど小さいのだが(面積は約0.44平方キロメートルしかない!)、カトリック教会にとっては世界で一番神聖な土地とされている。バチカンが神聖な場所と考えられているのは、まず、国がローマ教皇庁によって統治されていること、また、カトリック教会の本拠地であることなどの理由からである。もともと、ヴァティカヌスと呼ばれる丘があり、ここではキリストの弟子であったぺトロが殉教したと言われて… 続きを読む



2000年のローマ史を体験――サンタ・アンジェロ城

[2007/09/21] 山盛菜々子

お墓、牢獄、秘密の避難トンネルとしても使われたサンタ・アンジェロ城。ペスト疫病から街を救った「聖天使」という意味の城は、123年頃にハドリアヌス呈(117−138)によって、彼自身と家族のためのお墓として建てられた。ローマ帝国でペストの大流行した6世紀に、大天使ミカエルが墓の上に現れ、疫病を克服したしるしとして、刀剣をさやにおさめたという伝説があり、聖天使の像が城の頂上に立っている。城壁とヴァティカン共和国は、パッセット(Passetto di Borgo)と呼ばれる秘密の通路でつながれ、外側か… 続きを読む



ローマ、夜景を楽しむおすすめ散歩ルート 〜テヴェレ川の川沿い〜

[2007/09/12] 山盛菜々子

イタリア最大の都市、ローマ。「永遠の都」とよばれるこの街は、伝説によると、紀元前8世紀に双子のロムルスとレムスによって築かれ、ロムルスの名が「ローマ」という市の名前になったと言われている。2000年以上の歴史を誇るローマは、今や人口300万人を超えるイタリア最大の都市。街中が、世界遺産にあふれ、文化イベントも年間をとおして行われ、魅力がいっぱいの画期的な都市だ。パラティーノ、アヴェンティーノ、カピトリーノ、クイリナーレ、ヴィミナーレ、エスクイリーノ、チェリオと呼ばれる7つの丘があり、市内には、イ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サンタアンジェロ城」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。