「サンドイッチ」に関連する現地ガイド記事

「サンドイッチ」に関連する現地ガイド記事

サンドイッチに関する現地ガイド記事を集めました。サンドイッチの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

江南エリアのホットプレイス! グルメも買い物もワンストップで楽しめる駅と直結のショッピングモール

[2017/01/26] 金光英実

「パルナスモール」はインターコンチネンタルホテルが運営する、高級感あるショッピングモールです。“洗練された30〜40代”をターゲットにブランディングされているので、立ち並ぶ店も落ち着いた雰囲気があります。狎鴎亭で評判のレストラン「John Cook Deli Meats」がアレンジしたサンドイッチブランドや、梨泰院で人気のビストロ&ラウンジ「GLOBE」、ヨーロッパのスターバックスと呼ばれる「JOE&THE JUICE」、中東料理の「HUMMUS KITCHEN」など、有名店が立ち並びます。ソウ… 続きを読む



魅惑の台北駅 台北駅は実はかなりディープです

[2017/01/21] まさこ

台北駅は1ブロッグにまたがる大きな駅。いわゆる東京駅のような存在。大まかに市民大道側と忠孝西路側とに分かれます。まずは、忠孝西路側のご紹介。 駅前にある新光三越が目印で、いわゆる補習塾街と言われています。その名の通り、予備校がひしめき合っており、学生がたくさんいるため、安いお店がたくさんあります。おしゃれとは真逆なローカルなお店だらけで、真の台北が安価で楽しめます。肉まんも5元、サンドイッチも18元そしてフレッシュジュースも40元からと本当に安い!この周辺は新しい安価なホテルがたくさんあって、旅… 続きを読む



散歩も楽しい!緑豊かなオレゴン動物園

[2017/01/08] Rika Higashi

そんな動物園の名物スナックが、「エレファント・イヤー」。ゾウの耳のような(?)薄くて大きい揚げパンに、シナモンシュガーをまぶしたものです。歩きつかれて一休みする時にぴったりの甘さです。もちろん園内各所にカフェやフードコートが配置されているので、サンドイッチやバーガーなどの軽食を取ることもできます。また、動物園のチケットを購入しなくても入れるゾーンに、レストラン「カスケード・グリル」や人気のギフトショップがあります。この動物園では、夏は緑地での音楽や動物ショー、冬場は「ズー・ライト」という日没後に… 続きを読む



クリーミーな泡の水出しの窒素コーヒー

[2016/12/23] 大山真理

おすすめフードは、「Egg McLovin' (エッグ・マックラビン)」。卵、プロヴォローネ(チーズ)、ケール、トマトを、自家製イングリッシュマフィンにはさんで食べる。「Fried Egg Sandwich(フライドエッグ・サンドイッチ)」なら、半熟卵、ホワイトチェダーチーズ、ベーコン、アボカドをミックスして、サワードウにはさんで。ポーチドエッグや半熟卵のように、トロリとした状態の卵が、今ロサンゼルスのトレンド。 続きを読む



コロニアル時代の名残がそこここに ノスタルジックに、ゴージャスに、シェムリアップ

[2016/12/19] 岩佐 史絵

たとえ宿泊の予定がなくとも、ぜひ訪れてほしいのがサロン。ここでは本格的なアフタヌーンティーを楽しみます。 ちょうど窓一面に中庭を望み、緑が目に優しく落ち着きがあります。この静けさとやわらかな光、外の暑さを感じさせない空間は、ここにいるだけで気持ちがよくまさに“この雰囲気の中に身を置くために来る場所”。老舗の風格すら漂わせており、ぜひドレスアップしてお茶をいただきたいものです。 3段のプレートに乗せられたアフタヌーンティーも、サンドイッチ、スコーン、そしてプティフールと英国式。さすがラッフルズ!(… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 サンドイッチ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。