「シュール」に関連する現地ガイド記事

「シュール」に関連する現地ガイド記事

シュールに関する現地ガイド記事を集めました。シュールの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オレゴンコーストで立ち寄りたい。食虫植物群生地と野生のトドが暮らすシーケーブ

[2018/01/03] Rika Higashi

ダーリングトニア(コブラユリ)は、今年、密かなブームとテレビ番組でも取り上げられている食虫植物の1つ。北アメリカ西部のごく限られた湿地にのみ分布し、これだけで独立属をなすという珍しい植物です。この公園では、ユニークな筒状のダーリングトニアが群生している様子を身近で観察できます。18エーカートいう敷地に、1種類の食虫植物がたくさん揃うとかなりシュールですよ。ピクニックテーブルもあります。なお、開花時期は春から初夏となります。 続きを読む



見て見て!!スーパーマーケットで手軽に買えるムーミン土産の数々

[2017/06/18] 靴家さちこ

ちなみにフィンランド人がムーミンの洗礼を受けるのは、生まれて”すぐ”です。その証拠がムーミンおむつ。さすがに一袋ずつ配るわけにはいきませんから、3〜5枚ずつ袋に入れて赤ちゃんのいるお友達にばらまいてみてはいかがでしょうか?最近では新しいデザインのプラスチックの哺乳瓶も仲間入りしました。こちらも軽くておしゃれで、赤ちゃんのお土産にお勧めです。新製品といえば、赤ちゃんから100歳までが安心して食べられる、オーガニックのニョロニョロ・スナックなるものが登場しましたよ!これまたシュールですね。でも大丈夫… 続きを読む



摩訶不思議ワールドへようこそ。エッシャー美術館

[2015/12/14] ミツフィ

マウリッツ・コルネリス・エッシャーは1898年、オランダ北部の街レーワルデンで生まれました。エッシャーの父は明治時代に来日したこともある土木技術者です。美術学校時代の版画制作から始まり、その後紆余曲折を経て、スペインのアルハンブラ宮殿の幾何学的装飾模様に感銘を受け、エッシャーは独特の繰り返し模様や三次元ワールドを生み出していくのです。エッシャーのシュールレアリズムで斬新なアートは、最初はなかなか世間には受け入れられませんでした。しかし1950年代にアメリカの雑誌に紹介されて以来、エッシャーは実に… 続きを読む



北欧雑貨のタイガーが遊べるカフェバー『SpilBar』をオープン!

[2015/02/08] MizukiPoulsen

SpilBarのマネージャーさんによると「SpilBarは大人のためのFritidhjem(学童)のようなもの。人が集まるところには、人々を通した新しい交流が生まれます。それが人々にとって大切な感覚を作り出すベースになるのではないかと思います」とのこと。毎週のように開催されているゲームやクイズのゆるい大会があるかと思ったら、ある週末は本格的なミュージシャンのコンサートが開かれていました。でも、そのコンサートの後ろで卓球していた人がいたとか。なかなかシュールでアーティスト自身も楽しんでいたそうです… 続きを読む



ショートトリップにお勧め ダリワールドを体感できるダリ劇場美術館(Teatre-Museu Dali)

[2014/01/23] 鈴木美佐子

美術館は1974年に完成しダリが1989年に亡くなるまでダリ自身が手を加えながら、こだわり作りあげられた美術館です。ダリの初期の作品から晩年までの作品が一万点以上展示され、“世界最大のシュールレアリズムのオブジェ”といわれています。その美術館そのものがダリの作品のようなもの。館内にはダリ独特の世界が広がります。ダリは晩年この美術館の別館であるガラテアの塔で生活し、美術館内にはダリのお墓もあり現在でも眠り続けているのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 シュール」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。