「シュール」に関連する現地ガイド記事

「シュール」に関連する現地ガイド記事

シュールに関する現地ガイド記事を集めました。シュールの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

摩訶不思議ワールドへようこそ。エッシャー美術館

[2015/12/14] ミツフィ

マウリッツ・コルネリス・エッシャーは1898年、オランダ北部の街レーワルデンで生まれました。エッシャーの父は明治時代に来日したこともある土木技術者です。美術学校時代の版画制作から始まり、その後紆余曲折を経て、スペインのアルハンブラ宮殿の幾何学的装飾模様に感銘を受け、エッシャーは独特の繰り返し模様や三次元ワールドを生み出していくのです。エッシャーのシュールレアリズムで斬新なアートは、最初はなかなか世間には受け入れられませんでした。しかし1950年代にアメリカの雑誌に紹介されて以来、エッシャーは実に… 続きを読む



北欧雑貨のタイガーが遊べるカフェバー『SpilBar』をオープン!

[2015/02/08] MizukiPoulsen

SpilBarのマネージャーさんによると「SpilBarは大人のためのFritidhjem(学童)のようなもの。人が集まるところには、人々を通した新しい交流が生まれます。それが人々にとって大切な感覚を作り出すベースになるのではないかと思います」とのこと。毎週のように開催されているゲームやクイズのゆるい大会があるかと思ったら、ある週末は本格的なミュージシャンのコンサートが開かれていました。でも、そのコンサートの後ろで卓球していた人がいたとか。なかなかシュールでアーティスト自身も楽しんでいたそうです… 続きを読む



ショートトリップにお勧め ダリワールドを体感できるダリ劇場美術館(Teatre-Museu Dali)

[2014/01/23] 鈴木美佐子

美術館は1974年に完成しダリが1989年に亡くなるまでダリ自身が手を加えながら、こだわり作りあげられた美術館です。ダリの初期の作品から晩年までの作品が一万点以上展示され、“世界最大のシュールレアリズムのオブジェ”といわれています。その美術館そのものがダリの作品のようなもの。館内にはダリ独特の世界が広がります。ダリは晩年この美術館の別館であるガラテアの塔で生活し、美術館内にはダリのお墓もあり現在でも眠り続けているのです。 続きを読む



名画とデザインを大らかに体感。ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

[2014/01/19] ミツフィ

有名な所蔵作品では、ブリューゲルの「バベルの塔」などがあります。レンブラント、ゴッホ、フランス・ハルス、ヤン・ステーン、ロイスダールなどオランダ絵画も勿論充実。メーヘレンによるフェルメールの贋作「エマオの食事」も特徴的なコレクションでしょう。そしてダリを筆頭に、マグリット、デルボー、キリコなどシュールレアリズムのコレクションにも定評があります。 続きを読む



建っている場所がシュール、カスティージョ・デ・サンタ・カタリーナ

[2011/08/04] 田中富子

カディスの旧市街地がある半島の最端に位置するCASTILLO DE SANTA CATALINA(カスティージョ・デ・サンタ・カタリーナ/サンタ・カタリーナ城)は、カディスのLA CALETA(ラ・カレタ)という名前の海岸の上に多角型に形成され、さらにその一部が海へと突き出ている形で存在する。この城は、英西戦争中の1596年英蘭遠征軍がカディス港襲撃に成功し町が破壊された後に、スペイン王フェリペ2世の命令によって1597年10月25日防御要塞の名目にて建設された。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 シュール」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。