「シンガポール、サラダ」に関連する現地ガイド記事

「シンガポール、サラダ」に関連する現地ガイド記事

シンガポール、サラダに関する現地ガイド記事を集めました。シンガポール、サラダの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「楽しい!」「可愛い!!」が随所に散りばめられたプチホテル♪

[2016/10/13] 根本聡子

長いフライトを経て、ホテルへチェックイン。そのとき、スタッフがニッコニコの笑顔で出迎えてくれたら。それだけで疲れが飛んで行く気がしませんか? その上、モフモフの大きな羊と、2階から繋がるスライダーが目に入って来たら? 子供はもちろん、大人も「何ここ!?」とテンションが上がるハズです。そんなテーマパークのようなプチホテルが今回ご紹介する「kokotel surawong(ココテルスラウォン)」。今年の2月15日にオープンしたばかりの話題のスポットです。プチホテルの多くがB&Bですが、ここはB&C。… 続きを読む



人気ストリートで甘さ控えめスイーツを

[2013/06/08] 大山真理

クオリティを大切にしたスイーツのお店「Jin Patisserie(ジン・パティセリー)」。アンジェリーノ(ロサンゼルスの地元人)に人気のベニスのストリート「アボットキニー」にあり、アメリカ特有の甘いスイーツに比べると甘さ控えめで、エレガントな演出と少なめの量が特徴。なかでもアメリカ人には、ダークチョコレートで飾り付けをした軽いキャラメルクリームの「Caramel(キャラメル)」や、マスカポーネ、パッションフルーツ、マンゴーの「Passion(パッション)」、今流行のマカロンやチョコレートが人気… 続きを読む



若手日本人シェフの料理がおいしい!隠れ家にしたいイタリア料理店

[2010/06/29] 葛西玲子

今日、仕事場の近くで友人と待ち合わせて久しぶりにちょっとリッチな気分でランチをしたいと思いました。私の仕事場はチャイナタウンのはずれ、観光名所ともなっているマックスウェルフードセンター、“シンガポール一おいしい”と入口に書かれている連日行列の餃子屋さんなど、ガイドブックにも必ず掲載されている庶民的グルメが楽しめる界猥にあります。同時に、前世紀初頭に建てられたショップハウス(店舗住宅)という、ファサードに美しい装飾が施され低層の空間を生かしたセンス溢れるショップやレストランも発見できるトレンディな… 続きを読む



トロピカルアジアなサラダ? 人気の屋台フード“ロジャック”を食べよう

[2010/01/26] 葛西玲子

以前に日系の航空会社の機内誌で、シンガポール線で活躍するキャピンアテンダンドの現地での好みの食べ物は“ロジャック”と回答した人が多かったのを読んで、なんとなく意外に思ったことがあります。ロジャックとは、マレー語で“まぜまぜ”という意味で、インドネシア、マレーシアにもある料理。文字どおり野菜や果物などをこってりしたソースとトッピングでごちゃまぜにした「トロピカルアジアンサラダ」とでもいうべき屋台料理の定番の一品です。 続きを読む



おしゃれなディナーにシンガポーリアン・チャイニーズはいかが?

[2009/09/25] 田尾蓮果

世界中の味が集まるバリ島でも、今までなかったのがシンガポール系中華料理。それが2008年10月にこの「シノワズリー」 がオープンしたことにより、心ゆくまで堪能できるようになった。お店の場所は繁華街から少しはずれたサンセットロード沿いなので、散策やショッピングの途中でぶらりと立ち寄るというわけにはいかないけれど、タクシーに乗ればクタの中心地からも5〜10分くらいで行かれる距離にある。オーナーはシンガポール人の旦那様と日本人の奥様のご夫婦。メニューには日本語もあってわかりやすく、お値段の方も良心的だ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 シンガポール、サラダ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。