「シンガポール、スイーツ」に関連する現地ガイド記事

「シンガポール、スイーツ」に関連する現地ガイド記事

シンガポール、スイーツに関する現地ガイド記事を集めました。シンガポール、スイーツの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

値段据え置き!1ドルが嬉しくておいしい屋台アイスクリームサンドイッチ

[2014/03/01] 葛西玲子

シンガポールに住み始めてから13年たちました。この10年は、進化しつづけるシンガポールが一段と大きく変貌を遂げた年月でもあります。オーチャードを中心とした市街地には立ち並ぶ複合商業施設が装いを新たにし、マリーナベイ界隈は新副都心として高層ビルが近代的な街並みをつくりあげ、有名建築家によるユニークな形状の超高級集合住宅があちらこちらに建ち、カジノが解禁となり、人口も100万人以上増えました。それに物価もずいぶん高くなってきました。 続きを読む



人気ストリートで甘さ控えめスイーツを

[2013/06/08] 大山真理

クオリティを大切にしたスイーツのお店「Jin Patisserie(ジン・パティセリー)」。アンジェリーノ(ロサンゼルスの地元人)に人気のベニスのストリート「アボットキニー」にあり、アメリカ特有の甘いスイーツに比べると甘さ控えめで、エレガントな演出と少なめの量が特徴。なかでもアメリカ人には、ダークチョコレートで飾り付けをした軽いキャラメルクリームの「Caramel(キャラメル)」や、マスカポーネ、パッションフルーツ、マンゴーの「Passion(パッション)」、今流行のマカロンやチョコレートが人気… 続きを読む



美大の中のカフェでアートなひととき。

[2009/12/08] 葛西玲子

この数年、美術系の学校の改築や移転でアーティスティックな若者が増え活気づくブラスバサー界隈。そのなかでもひときわ目を引くのは、一昨年イーストコーストから移転してきたラサール・カレッジ・オブ・アーツの新校舎。校舎そのものが芸術作品であるような強いインパクトのある建築の出現に、あの建物はいったいなんだろう?と地元の人も興味津津。海外の有名建築家を起用する傾向が強い中で、地元シンガポールの設計事務所のデザインであることも評判になりました。 続きを読む



アジア中が恋するパンが女性を虜にしています。バターと塩味の絶妙なうまさにノックアウト

[2009/04/16] 山崎裕子

スイーツ天国の韓国。トッポッキ、ホットックなどのお手軽な屋台系からケーキなどのカフェス系スイーツ、さらにお餅などの伝統スイーツまで、ショッピングや観光の合間にちょっと小腹を満たすものがいっぱいで誘惑もたくさん。日本に負けないくらい多彩な店や種類も魅力的ですがその中でも、ここ最近、韓国中の女の子たちが行列を作っている注目スイーツがあります。その気になるスイーツとは先に東南アジア地方で流行したといわれているほんのりとコーヒー味がする「バン(bugne)」というパン菓子なのです。 続きを読む



若手セレブレティ・シェフのアジアン・フュージョンを楽しめる『喜喜宴』

[2009/04/14] 宮 江梨子

香港では有名シェフが手がける高級料理を楽しめる場所がいくつもありますが、手頃な値段で気楽に楽しめる有名シェフのお店もあるんです。今回ご紹介する『喜喜(二つで1文字)宴』は、香港に4店舗(そのうち1店舗はプライベート・キッチン)、シンガポールに2店舗を構えるグループ・レストラン。ここのオーナーは、雑誌やTVでも活躍しているという元グラフィック・デザイナーの経歴を持つJacky Yuさん。シンプルでスタイリッシュな店内と美味しいアジアン・フュージョン料理が、アートと食べ物を愛する彼の信条を物語ってお… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 シンガポール、スイーツ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。