「シンタクラース」に関連する現地ガイド記事

「シンタクラース」に関連する現地ガイド記事

シンタクラースに関する現地ガイド記事を集めました。シンタクラースの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シンタの次はクリスマス!オランダの12月はワクワク盛だくさん!

[2009/11/10] ミツフィ

オランダの12月の街はクリスマス・デコレーションで実に華やかです。オランダの国民的行事「シンタクラースの日」である12月5日以降、街の各店舗のショーウィンドウはシンタクラースの飾りからクリスマスの飾りへと変化します。小さな店から大型店舗までツリーやモール、星で飾られ、そぞろ歩きだけでも楽しい気分が味わえます。夜はライトアップも実施され、昼も夜も美しい景色を楽しめる場所もあります。 続きを読む



オランダの季節の風物詩、シンタクラース!

[2009/10/21] ミツフィ

また「シンタクラースが子供達にプレゼントを配る」という設定のため、この時期は子供へのプレゼントを買い求める地元の人々で各店は賑わいます。もちろんお父さんやお母さんは買ったプレゼントを「シンタクラースからのプレゼントよ」と子供達には伝えます。そのためこのプレゼント商戦の時期は、オランダの各都市のデパートや商店街で、シンタクラースやズワルト・ピートのディスプレイがショーウィンドウを飾ります。やはりこの時期にオランダに来たのなら、オランダの風物詩を満喫してシンタクラース関連のお菓子やグッズは手に入れた… 続きを読む



ネオ・バロック様式の壮麗な「聖ニコラス教会」は見逃せない!

[2008/12/15] ミツフィ

1578年に、アムステルダム市は「プロテスタントの街」を宣言します。そのためカトリック信者達は、現在のOudekerksplainにある旧教会の一室で長い間ひそかに信仰を続けていました。政治の宗教的色彩が薄れてきた19世紀、1887年に現在の教会が建造されます。教会の名前は聖ニコラスというアムステルダムの守護聖人にちなんで命名されました。聖ニコラス、どこかで聞いたことあるような。そう、11月中旬のイントフトから12月5日のシンタクラース・イブまでオランダの子供達にはお馴染みのシンタクラースです。 続きを読む



小さな町・ファルケンブルグの“洞窟のクリスマス・マーケット”を楽しもう

[2008/11/11] ミツフィ

12月5日のシンタクラース祭のあとは、オランダは一気にクリスマスの準備へと突入します。オランダ各地でクリスマス・マーケットが立ち始める時期です。オランダ各都市の広場では華やかなクリスマスの飾りやリースがたくさん並び、我々旅行者の目を楽しませてくれます。数あるクリスマスマーケットの中でもひときわ個性的なのが、オランダ南部の町、ファルケンブルクのクリスマスマーケット 。どんな風に個性的なのでしょう? 続きを読む



色彩豊かなクリスマス限定チョコレートとクリスマスカードはいかが?

[2008/10/15] ミツフィ

シンタクラースの日の12月5日以降は、シンタクラースの飾りがクリスマスの飾りへと変化します。オランダでは12月一杯まで、街はクリスマスデコレーションで実に華やかです。小さな店から大型店舗までツリーやモール、星で飾られそぞろ歩きだけでも楽しい気分が味わえます。オランダ各地ではクリスマスマーケットや屋台もお目見えします。やっぱりこの時期にヨーロッパにいるなら、クリスマスらしいものをお土産に選びたいものですね。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 シンタクラース」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。