「ジェノバ、サッカー」に関連する現地ガイド記事

「ジェノバ、サッカー」に関連する現地ガイド記事

ジェノバ、サッカーに関する現地ガイド記事を集めました。ジェノバ、サッカーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ローマとラツィオ。激しいライバル関係にある両チームのサッカーをナマで観る!

[2008/07/28] 元川悦子

1ヵ月半にわたって連載したユーロ2008特別編も終了。通常のサッカー観戦情報に戻ることにする。今回は5月以来のイタリア・ローマ編。1回目はローマの概要やスタディオ・オリンピコへの行き方、賢いチケットの買い方などを紹介した。サンピエトロ寺院やトレビの泉、コロッセオなどの名所はサッカー観戦旅行でも必見だろう。第2回目の今回は、ローマにホームを置く2つのビッグクラブ、ローマ(Roma Associazione sportiva)とラツィオ(Lazio societa sportiva)の紹介から始めた… 続きを読む



かつて中田英寿が7シーズンプレーしたパルマ。美食の町でサッカーも満喫!

[2008/01/21] 元川悦子

風光明媚な町・ジェノバからはラ・スペツィア、ピサなど地中海沿岸の町を通ってローマへ出ることもできる。単なる観光旅行ならそのコースもいいだろう。が、今回のメインはサッカー観戦。ならば、サッカー熱の高いエミリア・ロマーニャ州を通らない手はない。この州にはボローニャ、モデナ、ピアチェンツァなどの町が含まれる。いずれにもサッカークラブはあり、かつてはセリエAで戦っていた。隣接都市クラブのダービーマッチは異様な熱気を帯びる。今季はパルマ(Parma)だけがセリエA所属で、残念ながら最高峰リーグでのダービー… 続きを読む



かつてカズと柳沢敦がプレーしたジェノバ。エキゾチックな町でサッカーを堪能

[2007/12/17] 元川悦子

前回は冷たいアルプスの風が吹きつけるトリノを紹介した。次は「イタリアン・リヴィエラ」と呼ばれる美しい海岸の町・ジェノバへ移動したい。人口90万を擁するイタリア屈指の港町はリグリア州の州都。古代ローマ帝国の頃から港湾都市としての基礎が築かれ、十字軍の遠征の時代には海洋都市として名を馳せた。今もアフリカやアジアなど世界各国の人々が行き交い、町中はエキゾチックな雰囲気でいっぱいだ。そんなジェノバには、トリノとミラノからそれぞれ列車で約2時間で移動できる。ピアッツァ・プリンチペとブリニョーレという2つの… 続きを読む



サッカータウン・ミラノ。欧州サッカー観戦旅行の起点はここ!

[2007/08/17] 元川悦子

欧州サッカー観戦に出かける場合、起点としてベストなのがミラノ。日本から直行便が飛んでいて、トリノ、ジェノバなど主要都市への日帰り往復も可能だからだ。日曜15時から大黒将志の所属するFCトリノのゲームを見て、急いで列車に乗り、20時半キックオフのミランダービーを見るというはしご観戦もOKなのだ。列車でパリやミュンヘンなど隣国の都市にも行ける利便性は捨てがたい。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ジェノバ、サッカー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。