「ジャマイカ」に関連する現地ガイド記事

「ジャマイカ」に関連する現地ガイド記事

ジャマイカに関する現地ガイド記事を集めました。ジャマイカの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ホーチミンで一番おいしいといわれるコーヒーが飲める「シンコーヒー」

[2016/05/18] 古川 悠紀

シンコーヒーでは、毎日日替わりのスペシャル・コーヒーが一押しのメニュー。計10種あるコーヒーはそれぞれ産地国が異なります。例えば火曜日ではボリビア、ハワイ、ジャマイカ、パナマといった国々のコーヒーを飲むことができます。また、コーヒーの精製方法は6種類あり、サイフォンやフレンチプレスは日本人のコーヒー通の方にも支持されている作り方ですね。理科の実験によく似たような道具を使うのが特徴で、ペーパードリップとは一味違ったテイストを楽しむことができます。 続きを読む



真っ赤な広場、黒いタコ!クールなデザイナーズ公園「スーパーキーレン」!

[2013/08/25] MizukiPoulsen

公園は、レッドスクエア、ブラックマーケット、グリーンパークという面白いネーミングの3エリアに分かれています。ノアブロゲードという道から行くと、びっくりするくらい真っ赤な広場が現れます。そこにあるのは、ロシア、アメリカ、台湾のネオンサイン、イラクのブランコ、ジャマイカのサウンドシステム、タイボクシングリング、チリのグラフィティ、スイスの排水溝にタンザニアやフランスのマンホールまで。あちこちにファンキーなアイディアが詰まっています。遊んでいる子供も楽しそうでした。こんなに派手な公園ですが住んでいる人… 続きを読む



世界最大級の船で行くカリブ海クルーズへようこそ

[2013/02/02] 橋本直明

今回ご紹介するクルーズ船は、世界最大規模の22万トンの客船『アリュール・オブ・ザ・シーズ』です。アメリカのフロリダから出航し、ハイチ、ジャマイカ、メキシコを周り、フロリダに戻る7泊8日のクルーズです。2010年12月にできたばかりのこのクルーズ船は、全長361メートル、全幅66メートル、乗客定員5400名、乗組員2384名の超巨大クルーズ船です。日本人客も多く、100名程度乗船するときもあり、日本人添乗員が乗船することもあります。 続きを読む



竹の筏に乗って川くだり、ジャマイカの山奥の自然に身を委ねる

[2010/02/05] ナイト‘Iyah’彩子

ジャマイカの先住民は、かつてこの国を‘XAYMAKA’(ザイマカ)と呼んでいたそうで、現在の‘JAMAICA’の語源となったと言われています。‘XAYMAKA’とはタイノ語で「木と水の国」を意味する言葉で、ジャマイカのこの恵まれた自然美を言い表すのにもっともふさわしい表現かもしれません。「木と水の国」の魅力を知るには、山奥の川の平和な静寂と壮大な自然にゆっくりと身を委ねて味わってみるのが一番では!? キュートな手作り筏に乗って、ゆったりのんびりと、川くだり体験をしてみよう! 続きを読む



オーチの滝特集20エーカーの敷地に14の滝、ジャマイカの自然を体で感じて!

[2010/02/05] ナイト‘Iyah’彩子

ジャマイカの北海岸に位置するオーチョ・リオス、通称「オーチ」。キングストンから車で約2時間、モンティゴ・ベイからは約1時間半で行けるジャマイカの代表的リゾート地のひとつ。かつてジャマイカの原住民はタイノ語で「XAYMACA」(ザイマカ・森と水の国)と呼んでいたことから現在の「ジャマイカ」という名称が生まれたといわれています。スペイン語で8つの川という意味の「オーチョリオス」(実際にオーチに流れ込む川は4つ)は、まさに「ザイマカ」に称された通り、森の緑が生い茂り、流れる川と滝の音に包まれたトロピカ… 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ジャマイカ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。