「ジャークチキン」に関連する現地ガイド記事

「ジャークチキン」に関連する現地ガイド記事

ジャークチキンに関する現地ガイド記事を集めました。ジャークチキンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オーチの滝特集20エーカーの敷地に14の滝、ジャマイカの自然を体で感じて!

[2010/02/05] ナイト‘Iyah’彩子

滝のほかにプールもあり、滝から流れる水が利用されています。プールサイドには大きなスピーカーが立ち並び、ジャマイカならではの大音量で音楽を鳴らしています!スピーカーの隣りに置かれたジャークパンからは、ジャークチキンやジャークポークの香りが漂い、ここでのランチは「ジャーク」で決まり。エコ・ツアーに参加するのなら4時までに入場すること。閉園は5時ですが、そこはジャマイカンタイムで、一旦入場していれば、あまり焦って時間を守らなくてもOK(笑)。ゆったりと豊かな緑と壮大な滝を楽しんでほしい。       … 続きを読む


出国直前までジャマイカを堪能!キングストンの空港の楽しみ方

[2009/10/02] ナイト‘Iyah’彩子

出国ロビー内にはカフェが二つあり、ジャマイカ風スイーツと一緒にブルーマウンテンコーヒーを堪能できます。お腹がすいている人には、「アイランドグリル」というジャマイカンファーストフード店でジャークチキンもお薦め。ここは早朝からオープンしているので、朝のフライトに乗る人に人気の朝食スポットでもあります。アップグレードされた出国ロビーで帰国直前までぜひジャマイカを堪能してくださいね!                                       続きを読む



キングストンのオフィス街のミニ遊園地。童心に戻って過ごす夕べ!

[2009/07/24] ナイト‘Iyah’彩子

パークの外には「スィートウッド」というジャークセンターがあり、ここは平日の昼間から香ばしいジャークチキンの香りがあたりに漂っていて食欲をそそる。お店の名のとおりスィートウッドの上にお肉を置いてトタンでカバーし、下から炭火で燻すスタイル。ドラム缶のなかで作る一般的なジャークとは一味違う香ばしいジャークチキンを味わうことができる 。ジャマイカではお出かけといえばアイスクリームを食べるのもイベントのひとつ。パークの外にはアイスクリームショップもあり、パークがオープンしている日には大勢の人で賑わっている… 続きを読む



ジャマイカ風“ヤメラレナイ、トマラナイ♪”は、辛〜いペッパーシュリンプ!

[2009/01/22] ナイト‘Iyah’彩子

主にカリブ諸島に生育するといわれているスコッチボネットペッパーは、ジャマイカ料理には欠かせないペッパー。ジャマイカの代表的料理でもあるジャークチキンやジャークポークのシーズニングにも使われ、ジャマイカ料理のスパイシー味のユニークさは、このスコッチボネットペッパーのフレーバにあると私は思っています!(ジャマイカでは中華料理屋でも、刻んだスコッチボネットが入ったお醤油が必ず付いてきます!)ハバネロにも少し似たこのペッパーはオレンジ、黄色、緑、赤紫など色鮮やか、どれも本当にとっても辛い。生でかじったり… 続きを読む



旅気分も盛り上がる!キングストンと北海岸リゾート地を結ぶ快適バスライド!

[2008/07/08] ナイト‘Iyah’彩子

ナッツフォードエクスプレスは大型バスで、中も清潔で快適。高いシートから見渡す風景を楽しみながらのバスライドは、車やタクシーとは一味違った‘旅気分’を堪能できます。オーチョリオスの休憩地点であるジャークセンターで、ジャークチキンやジャークポークなどを買って、残りのバスライドのお供にするのもお薦め。注意しておきたいのが、バスの中の冷房! 強烈に冷房が効いているので、上着などを用意しておくことをお忘れなく。毎年7月にモンティゴベイで行われる‘サンフェス’という3日間のレゲエのショー(今年は7月17日〜… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ジャークチキン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。