「スイス、お土産」に関連する現地ガイド記事

「スイス、お土産」に関連する現地ガイド記事

スイス、お土産に関する現地ガイド記事を集めました。スイス、お土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

見るだけでも楽しい!お国柄も垣間見えるスイスの各都市、村で行われるマーケット

[2016/11/28] ロッテンマイヤー

スイスでは毎週決まった日時、またはイベント的に週末などにマーケット(市場)が開催されています。チューリッヒで代表的なフリーマーケットと言えば、以前こちらでもご紹介したビュルクリプラッツのそれですが、フリーマーケットだけでなく、様々な品物を取り扱うマーケットは都市部に限らず各地で行われています。そのため、旅行中にどこかの街で偶然マーケットに出くわす、なんてことも珍しくなく、またその地ならではの物産品などを扱っていたりもするので、名物を味わえるのはもちろんお土産探しにも最適なのです。 続きを読む



スイスの登山電車に乗って、目指すはユングフラヨッホ

[2016/09/11] りんみゆき

スイスに行ったら必ずしたいことのひとつは、世界でも有名な登山鉄道に乗って、標高3454メートルの白銀の世界を訪れることですよね。物価の高いスイスは電車代も例外ではありませんが、ちょっとした工夫で割安にできてしまいます。大人同伴の6〜15歳以下の子どもは、ジュニアパスを購入すると、スイスの鉄道の多くは無料になり、ユングフラウ鉄道も割引になるのでかなりお得。5月から10月は期間限定の「グッドモーニングチケット」はインターラーケン・オスト発6:35分、ユングフラウヨッホ発13時以前に乗車できる格安チケ… 続きを読む



子連れ旅行inスイス

[2016/06/28] ロッテンマイヤー

スイスでは妊娠し産婦人科にお世話になり出した頃から、様々な機関から祝福が受けられます。まずは医療機関や保険会社からは(ママバスケット)と称したボックスがもらえます。中には妊娠中から出産、そして育児に役立つ大量の資料や広告からお母さんと赤ちゃん用の靴下やベビークリームなどの実用的なグッズまでどっさりと入っています。また妊娠中に何らかの疾患が生じた場合、医師の診断書があれば専門機関でマッサージ等の施術が無料で受けられたり、血栓防止用の医療ストッキングも無料でオーダーメイドなどなど至れりつくせりなので… 続きを読む



トルコ発、自然派化粧品ブランド「ATELIER REBUL」をフルラインでお試し!

[2016/04/12] Yeni

お店のルーツは、遥かオスマントルコ帝国時代末期に遡ります。当時、フランス人のジャン・セザール・レブル氏が「グランデ・ファーマシー・パリジェンヌ」と言う名でイスタンブールに薬局を開店、その後1920年にトルコ共和国初の薬剤師の一人であるケマル・ムデッリスオール氏が後継者となり「レブル薬局」と看板名を変えました。その後親子3代に渡って脈々と続いてきた「レブル薬局」が、昔から受け継がれてきた伝統と最新技術を融合させたコスメティックショップ「アトリエ・レブル」を誕生させたのです。 続きを読む



カトリックの巡礼地、アインジーデルンとクリスマスマーケット

[2015/10/28] ロッテンマイヤー

チューリッヒから電車を乗り継ぎ約50分。小さな町アインジーデルン。しかしこの地はスペインの巡礼路「聖ヤコブの道」の重要なポイントのひとつとして、今尚世界各国から多くの巡礼者がやって来ます。当初はロマネスク様式、ゴシック様式、そして後にバロック様式へと建てかえられた修道院は度重なる火災や規模拡大を繰り返し、1704年に現在の形を成しました。修道院の東側にある教会では、現在も毎日修道僧らによるミサが行われています。また反対側の建物は彼ら修道僧の住居兼執務室、また学校があります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スイス、お土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。