「スイス、フォンデュ」に関連する現地ガイド記事

「スイス、フォンデュ」に関連する現地ガイド記事

スイス、フォンデュに関する現地ガイド記事を集めました。スイス、フォンデュの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

本場のラクレットが、スイスで1年中食べられるカジュアルレストラン「ラクレット・ファクトリー」

[2018/01/10] 岩澤里美

とかした薄切りチーズを蒸したポテトにかけて食べるラクレットは、スイスの冬の風物詩です。私の印象では、ラクレットは、もう1つの名物チーズフォンデュ以上に人気です。フォンデュは1つのお鍋に入れたチーズソースですが、ラクレットは風味が多様で選ぶ楽しみがあります。ラクレットは、最近は夏祭りのスタンドにも出ていたりして、夏場でも食べる人たちが多くなってきました。そんなラクレットが、季節を問わずに楽しめるレストランが2016年12月にチューリヒに登場しました。その名も「ラクレット・ファクトリー」という50席… 続きを読む



スイスの登山電車に乗って、目指すはユングフラヨッホ

[2016/09/11] りんみゆき

スイスに行ったら必ずしたいことのひとつは、世界でも有名な登山鉄道に乗って、標高3454メートルの白銀の世界を訪れることですよね。物価の高いスイスは電車代も例外ではありませんが、ちょっとした工夫で割安にできてしまいます。大人同伴の6〜15歳以下の子どもは、ジュニアパスを購入すると、スイスの鉄道の多くは無料になり、ユングフラウ鉄道も割引になるのでかなりお得。5月から10月は期間限定の「グッドモーニングチケット」はインターラーケン・オスト発6:35分、ユングフラウヨッホ発13時以前に乗車できる格安チケ… 続きを読む



カトリックの巡礼地、アインジーデルンとクリスマスマーケット

[2015/10/28] ロッテンマイヤー

チューリッヒから電車を乗り継ぎ約50分。小さな町アインジーデルン。しかしこの地はスペインの巡礼路「聖ヤコブの道」の重要なポイントのひとつとして、今尚世界各国から多くの巡礼者がやって来ます。当初はロマネスク様式、ゴシック様式、そして後にバロック様式へと建てかえられた修道院は度重なる火災や規模拡大を繰り返し、1704年に現在の形を成しました。修道院の東側にある教会では、現在も毎日修道僧らによるミサが行われています。また反対側の建物は彼ら修道僧の住居兼執務室、また学校があります。 続きを読む



世界中の美味しいチョコレートを集めた究極のお店「Xocolat」

[2008/12/11] バレンタ愛

2001年にウィーンにオープンしたチョコレート専門店「Xocolat」。このお店は世界中の美味しいチョコレートを集めた究極のチョコレートショップです。一見ちょっと狭そうな店内ですが、中に入ると奥の広い空間に並ぶ世界中から集められたたくさんの種類のチョコレートに驚く事でしょう。オープン当時は200種類だったチョコレートも今では600種類以上! ベルギーやフランス、スイスなどといったチョコレートで有名な国からはもちろん、サントメ・プリンシペ、ホンデュラスなどといった珍しい国のチョコレートも扱うお店と… 続きを読む



冬の楽しみといったら、サヴォア風チーズフォンデュ

[2007/12/04] 夏樹

サヴォア地方は、フランスの南東部、スイスとイタリアにはさまれています。モン・ブラン山、1992年冬期オリンピックが開催されたアルベールヴィルを思い出す方もいらっしゃるかもしれません。とくにモン・ブランはおいしいチーズが作られる場所としてあまりにも有名。ラ・ラリンヌとラボンダンス、この2種の牛の牛乳から、ルブロション、トーム、ボフォールなどの香り高いチーズが作られます。  続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スイス、フォンデュ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。