「スウェーデンクローナ」に関連する現地ガイド記事

「スウェーデンクローナ」に関連する現地ガイド記事

スウェーデンクローナに関する現地ガイド記事を集めました。スウェーデンクローナの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

機能的、そしてスタイリッシュな製品を創造する村の鍛冶屋さん

[2018/01/27] 田中ティナ

地元ダーラナ地方の芸術家、グスタフ・アンカルクローナ氏が100年以上前にデザインした、一番上にオンドリをあしらったロウソク立て(2295スウェーデンクローナ、約31000円)は、同会社を代表する作品だ。愛を象徴するハート、キリスト教の三位一体を象徴する3本のロウソクなど、それぞれのモチーフに意味が込められており、2011年には、橋のたもとにあるラウンドアバウトの中心に高さ6メートル、重さ約1トンの同作品が街のシンボルとして設置された。 続きを読む



あなたはミシュラン派? それとも、カジュアル派?

[2014/04/10] 田中ティナ

1962年のオープンしたバックフィーカン。レストラン用に洗練されてはいるものの、メニューには家庭でも作り継がれているスウェーデンの伝統的な料理も並んでいる。日替わりメニューもあって季節によってはサーモンのプディングのレモンバターソースかけ、鹿肉のカラントソースのポテトグラタン添えなど。アラカルトには、ミートボールのクリームソースとジャガイモムース添え(170SEK、約2600円)タルタルステーキのフレンチフライ添え(225SEK、約3500円)など、食欲をそそる組み合わせのメニューが並んでいる。… 続きを読む



スウェーデンへの旅行準備

[2014/01/15] 各国現地ガイド

■通貨の種類通貨の単位は、スウェーデンクローナ。紙幣の種類は、1000クローナ、500クローナ、100クローナ、50クローナ、20クローナ。硬貨は10クローナ、5クローナ、1クローナ。20クローナ紙幣には現在「ニルスのふしぎな旅」の作者セルマ・ラーゲルレーヴが笑顔を見せいているが、2015年には「長靴下のピッピ」シリーズの作者、アストリッド・リンドグレーンに、また100クローナ紙幣はグレタ・ガルボに変わる予定。かつて、1クローナの半分の価値として50オーレ硬貨が流通していたが、現在は使われておら… 続きを読む



スウェーデン旅行者に優しい、便利な観光お助けカード

[2009/02/16] 田中ティナ

はじめての国に到着すると目新しいことの連続。もちろん楽しい驚きもたくさんあるけれど、慣れずに戸惑うこともままあるかと思う。通貨もそのひとつ。とくにコインを使うのがもどかしく、気がつけばジャラジャラと財布が重たくなっているといったケース、みなさんも体験されているのではないだろうか? EU加盟国のスウェーデンだが通貨は国内では独自のスウェーデンクローナが流通しいる。ただでさえ気を使うことが多い旅行中、通貨になれるというハードルを緩和してくれるのが、ストックホルム市内で有効なStockholmskor… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スウェーデンクローナ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。