「スウェーデン、クルージング」に関連する現地ガイド記事

「スウェーデン、クルージング」に関連する現地ガイド記事

スウェーデン、クルージングに関する現地ガイド記事を集めました。スウェーデン、クルージングの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

【番外編】北欧の船旅!ヘルシンキ〜ストックホルムの移動は優雅なクルージングで!

[2010/12/09] Shohei

皆さん、船旅を経験されたことはありますか??広い船内を歩き回ることもできたりゆっくりと過ぎ去っていく美しい景色を見ながらコーヒーを楽しんだりなどは船旅ならでは。まさに観光も兼ねた移動手段と言えますよね!かくいう私も船旅の大ファンです!ぜひ皆さんにも北欧での船旅の楽しさを知ってもらおうと、今回は番外編として隣国スウェーデンのストックホルムからフィンランドのヘルシンキを結ぶ北欧屈指の快適な船の旅についてご紹介します! 続きを読む



夏ならではのお楽しみ!アナタはのんびり運河クルージング派?それとも豪華客船派?

[2009/04/23] 田中ティナ

“Gota Kanal(ヨッタカナール)”は、ヴェーネルン湖のSjotorp(ショートルプ)からバルティック海のMem(メーム)へ続く全長190キロほどの運河で、この間58もの水門が設けられている。いちばん高いところでは海抜92メートルに運河が流れているので、各所に設けられた水門を順番に開閉し水位をコントロールすることで、高低差をクリアしながら船が先に進んでいくというわけ。スウェーデン最大級のヴェーネルン湖は、ストックホルムの南西部に位置する。19世紀の開通当時は、資材や商品を運ぶ交通手段として… 続きを読む



スウェーデン最古の蒸気船で湖を散歩し、アンティーク機械博物館を見学しよう

[2008/08/06] 田中ティナ

「この湖に朽ち果てていた船を、1982年に村の協力者と再製しようと考えたのが始まりです。当時は経済成長も目覚しく古い船には誰も興味を示さなかったのでたった7000クローナ(約125000円)で持ち主から買い取りました。今だったら何百万円もしたことでしょう。それから、募金や融資などで基金をつのって材料を集めながらコツコツとリノベーションし、1989年には客船としての許可を得ることができました」と、船を所有する組合の事務局長オリヤンさん。 続きを読む



要所をピタリと網羅したツアーで効率よくストックホルムを観光しよう

[2008/08/04] 田中ティナ

ストックホルム訪問が初めてではない方は、チェックしたい観光スポットやお店の立地などが事前にわかっていて、到着後すぐにてきぱきと旅程の行動を開始できるかもしれない。が、ストックホルムがはじめての方。右も左も見当がつかず地理的な感覚がつかめない方には、とりあえず、要所をくるりと一覧できる、観光ツアーの活用をオススメしたい。このツアーでストックホルムの全体像をつかめることができれば、翌日からは自分の旅の目的に併せて博物館、ショッピング、レストランなど効率よく回れるはず。 続きを読む



湖の主に会えるかも?! エステルスンドの湖を遊覧船でクルージング

[2008/06/30] 田中ティナ

1875年に造船された“Thomee(トメーェ)”は、1880年からこの湖で人やものを運ぶ大切な交通手段として活躍してきたスウェーデンでも古い蒸気船。幹線道路の発達でその役目を終えた現在はエステルスンドのコミューンが所有しており、近隣の島々を結ぶ足として、また観光客や地元の人々に夏のひと時、心地よい船旅を提供している。湖は真冬には全面結氷するので船の通行はかなわない。そのため運行期間は6月から9月の約4カ月となってる。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スウェーデン、クルージング」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。