「スウェーデン、夏至」に関連する現地ガイド記事

「スウェーデン、夏至」に関連する現地ガイド記事

スウェーデン、夏至に関する現地ガイド記事を集めました。スウェーデン、夏至の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

夏、スキーを体験できるスキートンネル

[2016/07/21] 田中ティナ

スウェーデンにも四季はあり、細長い国なので地域によって季節の長さはまちまちだけれ、大まかにいえば日本と比べると春と秋が極端に短く、夏は6月の夏至祭ころから、8月のお盆を過ぎると風に秋の気配が紛れ込んでくる。たとえば北極圏にあるスキー場、冬至のころは真っ暗の中昼間からナイター照明があれば滑ることができる。そして、雪が残っていれば5月下旬でもオフピステでスキーができるというように、スノースポーツを楽しめる時期が長いのでバイアスロンやノルディックスキー界では世界で活躍するの層が充実している。選手たちは… 続きを読む



この冬もスノーイベント盛りだくさんのウィンターシティ

[2014/11/18] 田中ティナ

9月の下旬、鉛色の空からはらはらと白いものが舞ってきた。雪?! 地面が暖かいので、さすがに根雪にはならず、すぐ溶けてしまったけれど、冬がもうそこまで来ていることを予感させられた瞬間だった。スウェーデンは国土が長いので気候には地域差が感じられる。エステルスンドが位置する中部地方では、夏至のころから8月中旬までが夏のような季節となる。お盆を過ぎればちらほらと紅葉もはじまり、10月には手袋が恋しくなるような日も訪れる。冬の定義は難しいけれど、たとえばダウンジャケットがあればうれしいなと感じるような季節… 続きを読む



伝統文化に手仕事の冴えを感じるダーラナへ

[2014/10/23] 田中ティナ

スウェーデンの中部にあるダーラナ地方は今も伝統工芸の息づくエリア。夏至祭ともなれば町や村の広場に設けられた夏至祭のポールの周りを、鮮やかな刺繍の民族衣装に身を包んだ人々がバイオリンが奏でる軽やかな音色に舞い踊り、見ているだけでも華やかな気分に包まれる。また2015年2月には、この地方のファールンで国際スキー連盟のノルディックスキー世界選手権が予定されるなど、寒い時期でもアウトドアスポーツが盛んな地域ではあるものの、暗い冬場には薪がはぜる音を聞きながら暖炉の傍らで読書や編み物、刺繍をしたりと、家の… 続きを読む



スウェーデンへの旅行準備

[2014/01/15] 各国現地ガイド

■治安基本的に安全な国だが、犯罪がないわけではない。とくに夜間、繁華街、中心部の駅周辺などは、緊急の用がなければ出歩るかない方が無難。また、現金自動支払機から現金を引き出す場合は、背後から暗証番号を盗み見するような人がいないか確認すること。スウェーデンはクレジットカードの利用が普及しているので、必要以上の現金は身につけないようにするのも一案だ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失した場合、日本大使館、領事館に連絡する。盗難にあったら、最寄の警察で被害届を出し、手続きする。■マナーや宗教・チ… 続きを読む



アウトドア派垂涎。北極圏での大冒険にいざ出発。

[2013/05/10] 田中ティナ

スウェーデンの北の町、キルナは北極圏内。「北極圏」と聞いても、実際にどんな雰囲気なのかピーンとこないかもしれない。キルナは古くからスウェーデン経済を支えてきた鉄鋼鉱山が町の外側にどっしりとかまえてはいるものの、町の中心に目を向ければスーパーマーケット、レストラン、銀行やホテル、そして学校や公共施設などが建ちならび、日本のとある町の風景とさほど違いはなさそうなのだが、人々の生活は、北極圏ならではの特別な自然環境と深くかかわっているのだ。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スウェーデン、夏至」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。