「ストックホルム、カード」に関連する現地ガイド記事

「ストックホルム、カード」に関連する現地ガイド記事

ストックホルム、カードに関する現地ガイド記事を集めました。ストックホルム、カードの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

スウェーデンへの旅行準備

[2014/01/15] 各国現地ガイド

■治安基本的に安全な国だが、犯罪がないわけではない。とくに夜間、繁華街、中心部の駅周辺などは、緊急の用がなければ出歩るかない方が無難。また、現金自動支払機から現金を引き出す場合は、背後から暗証番号を盗み見するような人がいないか確認すること。スウェーデンはクレジットカードの利用が普及しているので、必要以上の現金は身につけないようにするのも一案だ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失した場合、日本大使館、領事館に連絡する。盗難にあったら、最寄の警察で被害届を出し、手続きする。■マナーや宗教・チ… 続きを読む



『& アザー ストーリーズ』H&Mのラグジュアリーライン。ストロイエにデビュー!

[2013/05/21] MizukiPoulsen

スウェーデンのアパレルメーカーH&Mが、新ブランド『& アザー ストーリーズ』を、今春からヨーロッパ各地でスタートしました。ロンドンに引き続き、コペンハーゲンのショッピングストリート、ストロイエに2号店が3月15日に開店!隣国ということもあり、H&Mの他ブランド、COS、Weekday、Cheap、Monday、Monki はすべてデンマークに上陸済み。『& アザー ストーリーズ』もファッション好きなデンマーク女性たちの注目の的です。 続きを読む



リンドベリやリサの作品に会うならここ、グスタフスベリ陶磁器博物館

[2010/06/09] 田中ティナ

スウェーデンを代表する産業のひとつに陶磁器があるが、ビンテージものに敏感な方の中には「グスタフスベリ」の名を耳にしたことがある方もいらっしゃるのでは?グスタフスベリはストックホルム郊外に位置するは港町。人気陶芸家スティーグ・リンドベリやリサ・ラーソンらがデザインした食器や置物だけではなく、バスタブやトイレといった陶器を使った生活用品の製造販売もしているので、とくに創設当初は商品の輸送に便利な立地だったかも。 続きを読む



エレガントなデザイン。特別な思い出を彩るためのステーショナリーを発見

[2009/12/09] 田中ティナ

オフィスはもちろんプライベートな空間でも、お気に入りの文房具が身近にあると自然と楽しく、仕事もはかどるはず。2001年、スウェーデンに誕生したBookbinders Design。人生の思い出深い瞬間を大切にとっておくための文房具を販売している。もともとは1960年代に創立された姉妹会社が母体だそう。そのころから職人が手仕事で商品を作っていたそう。丁寧な仕事ぶりは今でも健在だ。80年代に入って仕事の質は落とさずにより洗練したデザインへと進化。その後、顧客のニーズに応えるために、デザイナーと職人の… 続きを読む



ストックホルムのアーランダ空港!最後の駆け込みショッピングもおまかせあれ

[2009/07/17] 田中ティナ

ストックホルムのアーランダ空港は利用客に優しい飛行場だ。たとえばショッピング。スウェーデン産のシュナップスなど免税店の充実振りは言うまでもないが、要チェックしたいのがチェックインして安全検査を終了後に楽しめるスポット。中でもぜひ立ち寄っていただきたいのがターミナル5にあるDesignTorgetとScandinavian Design。いずれもストックホルム市内にも店舗を構えているのだが、市内で時間が足りなくてこちらのお店に行けなかったとしても、フライトまでの待ち時間で最後の駆け込みショッピング… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ストックホルム、カード」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。