「ストックホルム、バロック建築」に関連する現地ガイド記事

「ストックホルム、バロック建築」に関連する現地ガイド記事

ストックホルム、バロック建築に関する現地ガイド記事を集めました。ストックホルム、バロック建築の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

スウェーデン最古のキリスト教の町、シグトゥーナ

[2017/11/08] 田中ティナ

970年代、新しい宗教であったキリスト教の基盤となる街として築かれたシグトゥーナは、「スウェーデン最古の町」として知られている。場所はストックホルムから北へ約50キロメートル。アーランダ空港の西側、約12キロメートル。車の場合、高速道路からローカルな263号線をたどり、橋を渡ると、ほどなく住宅地が見えてくる。交通標識が示す方向へ曲がって車を進めると教会が見える。中世の雰囲気が漂うマリア教会だ。13世紀に建てられたマリア教会に寄り添うように、今にも朽ち果てそうな姿を見せているのが、石造りのセントオ… 続きを読む



18世紀の王宮建築様式を今にとどめる、ドロットニングホルム

[2008/04/10] 田中ティナ

1991年、ユネスコの世界遺産に登録されたドロットニングホルムは、ストックホルム郊外、Malar(メラール)湖の島にある。現在、王族の居住地となっている王宮や手入れの行き届いた庭園をはじめ、劇場、チャイニーズパビリオンなどが広々としたスペースに配置されている。宮殿は、18世紀の北欧の端正な王宮建築でベルサイユ宮殿を参考にしてデザインされたという。また、1769年に完成したチャイニーズパビリオンは、フランスロココ様式にエキゾチックな東洋のイメージをプラス。インテリアはスウェーデンのロココ様式として… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ストックホルム、バロック建築」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。