「ストックホルム、地下鉄」に関連する現地ガイド記事

「ストックホルム、地下鉄」に関連する現地ガイド記事

ストックホルム、地下鉄に関する現地ガイド記事を集めました。ストックホルム、地下鉄の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

SoFoエリアのFat Catはシャビーシックな装いの店

[2017/04/27] 田中ティナ

ストックホルムのセードラマルムのSoFoエリアは、個性豊かな店と人々の生活空間がいい具合に共存し、大通りに出れば喧騒の街中であるのに、どこかのんびりとしている。その中にあるオーガニックの食品販売店兼レストラン前の公園では、お年寄りが憩い、小さな子どもを遊ばせながら親たちがおしゃべりに興じている。最寄りの駅は、ストックホルムのセントラルステーション(T-Centralen)から地下鉄17、18、19号線いずれかのガムラスタン方面行で3駅目、メードボリヤルプラッツェン(Medborgarplatse… 続きを読む



老舗魚屋さんで味わうオープンサンド

[2016/07/05] 田中ティナ

スウェーデンで「日本の主食、お米に該当するものは?」、と聞かれればジャガイモとパン、そしてパスタや粘り気の少ないお米などが挙げられる。添えるおかずによって主食が決まってくるのだが、パンはトースト用のパンやディナーロール、またクラッカーのような硬いタイプなど形状が豊富なので、臨機応変に好きな具材を組み合わせることができるのがうれしい。さて、スウェーデンのサンドイッチといえば、パンが見えないくらいたっぷりと具を盛ったオープンサンドがポピュラーだ。ボリュームもさることながらエビや卵などなど彩りにも食欲… 続きを読む



行きつけにしたいご近所ベーカリー、ブリオッシュ

[2016/01/19] 田中ティナ

ウィークデー、忙しく働いておられる方なら休日の初日、とくに土曜日は目覚ましをかけずにこころゆくまで朝寝坊したくなるのでは?ストックホルム郊外の住宅地にある’ブリオッシュ’は、そんなお寝坊さんでも、エイヤ、っとベッドから飛び起きて、買いに行きたくなるほど香りも味もピカイチのベーカリー。世界中のパン屋さんのご多分にもれず、開店時間もウィークデーは7時、土曜日でも8時からと早起きのお店だ。焼きたてのパン独特の香りに誘われて訪れる、お客さまのうれしそうな様子からも、その人気のほどがうかがえる。 続きを読む



モダンなモール、MOOD

[2015/12/24] 田中ティナ

モダンなファッションをチェックしながら、合間にFikaでひと休み。とくに冬、外気の冷たくなる季節は、屋内であれこれ時間を過ごしたいもの。ストックホルムの地下鉄T-Centralen駅に程近くにある老舗デパートのNKや、多くのテナントがはいるGallerianなどが建つHamngatanが生活者はもちろん観光客が行きかう目抜き通りなら、そこから1本北、Kungsgatan方面へ入ったMaster Samuelsgatanは、人々と車の喧騒から一息つくことができる、比較的静かなストリートだ。「MOO… 続きを読む



食材とお惣菜店兼カフェレストラン

[2015/05/30] 田中ティナ

日々元気に暮らしながら、時おり旅に出ることができるのも健康であればこそ。元気でいるための方法は人それぞれだが、体作りには「食」が重要なポイントのひとつに挙げられる。朝昼晩といただく食べ物がわたしたちの肉体を形作っているのだから、一食でもおろそかに、いや無駄にはしたくない。となれば、ストイックになりすぎるのではなく、できる範囲で、選択肢があればより新鮮でしかもおいしい食材とつきあいたい、と考える方も多いのではないだろうか。大手のスーパーマーケットの品揃えはかなわないが、お店の陳列棚に並ぶ選び抜かれ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ストックホルム、地下鉄」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。