「ストックホルム、空港」に関連する現地ガイド記事

「ストックホルム、空港」に関連する現地ガイド記事

ストックホルム、空港に関する現地ガイド記事を集めました。ストックホルム、空港の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

隠れ家的なホテルに憩う

[2015/04/16] 田中ティナ

一期一会の瞬間は旅の観光スポットだけではなく、宿泊先にも宿っている。ショッピング、その土地ならではの食事、美術館や博物館見物などなど、旅だからこそ体験できる楽しみはいろいろだが、宿もそのひとつ。そして、翌日のアクティビティーのための英気を養うためにもアコモデーションの充実は旅の重要ポイントとなるはずだ。コッパーヒル・マウンテンロッジ・オーレは、スキーリゾートして知られているオーレにあるデザインホテル。ちょっと贅沢な空間だ。オーレの中心地からは少々離れているが、離れているからこそオーレの自然を静寂… 続きを読む



スウェーデンへの旅行準備

[2014/01/15] 各国現地ガイド

■治安基本的に安全な国だが、犯罪がないわけではない。とくに夜間、繁華街、中心部の駅周辺などは、緊急の用がなければ出歩るかない方が無難。また、現金自動支払機から現金を引き出す場合は、背後から暗証番号を盗み見するような人がいないか確認すること。スウェーデンはクレジットカードの利用が普及しているので、必要以上の現金は身につけないようにするのも一案だ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失した場合、日本大使館、領事館に連絡する。盗難にあったら、最寄の警察で被害届を出し、手続きする。■マナーや宗教・チ… 続きを読む



「蚊」のエキスパートになれるかも?! 専門コーナーを博物館に発見!

[2013/02/23] 田中ティナ

森と湖の国スウェーデン。だからなのか、夏になるとどこからともなく音もなく忍び寄ってくるヤツがいる。ある地方では時として大量発生し、登校に支障があるため学校閉鎖になることもあるというほどの威力を発揮。つかの間の夏、このときとばかりにワイルド活動するヤツラとは「蚊」である。そんな蚊の専門展示コーナーを誇るのがイェリバーレ博物館だ。博物館はイェリバーレの商店街近くにあり、レンガ造りの建物は学校として建築され、1984年まで実際に授業が行われていたという。 続きを読む



「女王さま通り」で、さあショッピング!

[2013/01/18] 田中ティナ

’Drottninggatan(ドロットニングガータン)'は石畳の商店街。17世紀にスウェーデンを統治されたクリスティーナ女王様にちなんで命名されたという、日本語ならさしずめ「女王さま通り」といったところ。道の両側にはショップ、レストランなどが連なり、「銀座通り」の雰囲気だ。直線距離で1キロ半ほどのこの通り。基本的に歩行者専用道路なので車の往来を気にせず、気にいったお店をチェックしながら右へ左へ、のんびりと散歩を楽しむことができる。 続きを読む



サーミ文化をモチーフにしたジュエリーのショップ兼スタジオ。

[2013/01/04] 田中ティナ

ネットショッピングを利用すれば日本にいながら世界のグッズを手に入れることもできる、今のご時勢。また、名前の知られた商品なら本店や製造元に出かけなくても、たとえば各販売店、もしかしたら空港のショップで見つけることができるかもしれない。でも、旅の途中で、ご当地ならではのグッズの製作スタジオでのショッピングは、その品物に特別な思い出を加えてくれるはず。Jokkmokks Tenn(ヨックモックテン)ではジュエリーなどこの地方にちなんだ製品を製造販売している。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ストックホルム、空港」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。