「ストックホルム、観光スポット」に関連する現地ガイド記事

「ストックホルム、観光スポット」に関連する現地ガイド記事

ストックホルム、観光スポットに関する現地ガイド記事を集めました。ストックホルム、観光スポットの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

隠れ家的なホテルに憩う

[2015/04/16] 田中ティナ

一期一会の瞬間は旅の観光スポットだけではなく、宿泊先にも宿っている。ショッピング、その土地ならではの食事、美術館や博物館見物などなど、旅だからこそ体験できる楽しみはいろいろだが、宿もそのひとつ。そして、翌日のアクティビティーのための英気を養うためにもアコモデーションの充実は旅の重要ポイントとなるはずだ。コッパーヒル・マウンテンロッジ・オーレは、スキーリゾートして知られているオーレにあるデザインホテル。ちょっと贅沢な空間だ。オーレの中心地からは少々離れているが、離れているからこそオーレの自然を静寂… 続きを読む



SoFo in STHLMはポップカルチャー最前線

[2011/05/31] 田中ティナ

公園では木々の葉が風にざわめき、運河を行くボートがはねかす水しぶきがまぶしいこの季節。ストックホルムの人たちも仕事の間、ちょっとした時間でも太陽の下公園でのんびりくつろいでいる。王宮、美術館に博物館、そしてショッピング街などなど、ストックホルム市内は見所満載。市内見物手段も地下鉄やバス、自転車に徒歩での散策などいろいろあるので、目的とスケジュールにピッタリのタイプを選びたいもの。観光に費やすことのできる時間にもよるけれどもし時間が許すなら、私のイチオシは徒歩での散策だ。車の移動では見逃してしまう… 続きを読む



筋の通ったやる気が創造する「ヤェムトランド共和国」の夏祭り

[2009/06/15] 田中ティナ

日の長くなるこの季節、各地で夏祭りが予定されているが、エステルスンドでも例年通り7月30日から8月1日、コンサートを中心とした夏祭り、‘Storsjoyran(大きな湖フェスティバル)’を計画中だ。首都からかなり離れているこの町で、国内トップを争うお祭りが続いている理由はその背景にある確固たるポリシーにある。政府の政策に抗議するため、ジョークと本気の中からエステルスンドのある県にヤェムトランド共和国が誕生したという。国旗も国歌もあり、大統領もいるこの共和国。夏祭りのメインイベント最終日には大広場… 続きを読む



夏ならではのお楽しみ!アナタはのんびり運河クルージング派?それとも豪華客船派?

[2009/04/23] 田中ティナ

“Gota Kanal(ヨッタカナール)”は、ヴェーネルン湖のSjotorp(ショートルプ)からバルティック海のMem(メーム)へ続く全長190キロほどの運河で、この間58もの水門が設けられている。いちばん高いところでは海抜92メートルに運河が流れているので、各所に設けられた水門を順番に開閉し水位をコントロールすることで、高低差をクリアしながら船が先に進んでいくというわけ。スウェーデン最大級のヴェーネルン湖は、ストックホルムの南西部に位置する。19世紀の開通当時は、資材や商品を運ぶ交通手段として… 続きを読む



ストックホルムの地下鉄プラットホームは遊び心たっぷりのアートギャラリー

[2009/01/20] 田中ティナ

全長110kmのストックホルムの地下鉄。地下鉄駅の内装は、広告をディスプレーするというごく一般的なパターンも見かけるが、近在の観光名所に対応した表示や、プラットホーム全体をギャラリーに見立てユニークに演出している駅がある。岩盤をくりぬいたあとのゴツゴツした岩肌を活かした造りで、ライティングが図案やオブジェを芸術的に照らし出し駅への到着が待ち遠しいほど。もし時間に余裕があれば地上にある観光スポットとあわせて、100名以上のアーティストが手がけたという地下に広がるアートを楽しもう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ストックホルム、観光スポット」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。