「ストックホルム、買い物」に関連する現地ガイド記事

「ストックホルム、買い物」に関連する現地ガイド記事

ストックホルム、買い物に関する現地ガイド記事を集めました。ストックホルム、買い物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

あなたの不用品は、わたしのお宝。セカンドハンドはパラダイス

[2018/03/02] 田中ティナ

たとえば、新しく手に入れたHアンドMのブラウスを着て街を歩いていてたときに、自分と同じ柄の服に身を包んだひととすれちがったこと、ありませんか? おたがい、なんとなく気恥ずかしいような、自分と同じ、いい趣味の方だわ、とも思ったり。たぶん胸中、ざわざわと千々に乱れることと、お察しする。春夏秋冬、シーズンごとに新しいデザインを発表する大手のファッションメーカーの場合、このようなこともおおいにあり得る。けれど、セカンドハンドの店で選んだアイテムは現在ではなく、その昔にはやったものなので、同じ服を着たひと… 続きを読む



スウェーデン最古のキリスト教の町、シグトゥーナ

[2017/11/08] 田中ティナ

970年代、新しい宗教であったキリスト教の基盤となる街として築かれたシグトゥーナは、「スウェーデン最古の町」として知られている。場所はストックホルムから北へ約50キロメートル。アーランダ空港の西側、約12キロメートル。車の場合、高速道路からローカルな263号線をたどり、橋を渡ると、ほどなく住宅地が見えてくる。交通標識が示す方向へ曲がって車を進めると教会が見える。中世の雰囲気が漂うマリア教会だ。13世紀に建てられたマリア教会に寄り添うように、今にも朽ち果てそうな姿を見せているのが、石造りのセントオ… 続きを読む



スウェーデンへの旅行準備

[2014/01/15] 各国現地ガイド

■治安基本的に安全な国だが、犯罪がないわけではない。とくに夜間、繁華街、中心部の駅周辺などは、緊急の用がなければ出歩るかない方が無難。また、現金自動支払機から現金を引き出す場合は、背後から暗証番号を盗み見するような人がいないか確認すること。スウェーデンはクレジットカードの利用が普及しているので、必要以上の現金は身につけないようにするのも一案だ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失した場合、日本大使館、領事館に連絡する。盗難にあったら、最寄の警察で被害届を出し、手続きする。■マナーや宗教・チ… 続きを読む



末永く生活をともにしたい椅子に出会う店、Garsnas

[2014/01/08] 田中ティナ

家具を買うにはそれなりの決心が必要だ。他のインテリアとのバランスも考えたいし、決して安い買い物ではないのでお財布との相談も必要になる。それでも身近においておきたくなるような椅子を中心とした商品を展開しているのが、’Garsnas(ヤーシュネース)’だ。本店がスウェーデン南部のスコーネ地方にある家具工場の老舗で、ストックホルム市内には、住宅地のオフィスビルにショールームを構えている。ガラス張りの店内。差し込む外光が家具の表情を際立たせているのが印象的だ。高級家具を扱っていることもあり少々緊張しなが… 続きを読む



「女王さま通り」で、さあショッピング!

[2013/01/18] 田中ティナ

’Drottninggatan(ドロットニングガータン)'は石畳の商店街。17世紀にスウェーデンを統治されたクリスティーナ女王様にちなんで命名されたという、日本語ならさしずめ「女王さま通り」といったところ。道の両側にはショップ、レストランなどが連なり、「銀座通り」の雰囲気だ。直線距離で1キロ半ほどのこの通り。基本的に歩行者専用道路なので車の往来を気にせず、気にいったお店をチェックしながら右へ左へ、のんびりと散歩を楽しむことができる。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ストックホルム、買い物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。