「スペイン、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

スペイン、チョコレートに関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、チョコレートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

カジュアル設定でいただく高級レストランの料理

[2016/09/05] 大山真理

ベーカリーカフェ、レストラン、バーを融合させた、新しいスタイルの「Republique(リパブリック)」。レストランは、1929年に建てられ、チャーリー・チャップリンが住んでいた歴史あるビルのなか。天井がとても高くて広い空間だから、そこにいるだけでリラックス度100%。日中は、レジでオーダーしたメニューをテーブルで食べる、カジュアルスタイルのカフェ。夜は、高級レストランで出す食事をカジュアル設定で提供するレストランに早変わり。だから、ここ1軒で2つの顔が楽しめるというわけ。 続きを読む



インテリアもそのまま!代表的モデルニスム建築、カサ・アマトリェール(Casa Amatller)

[2016/07/06] 鈴木美佐子

モデルニスム建築が立ち並ぶ、バルセロナのメインストリート、グラシア通り(PASEO DE GRACIA)。世界遺産として認定されているガウディの代表傑作バトリョ邸(Casa Batllo)そしてその隣に並ぶ、アマトリェール邸(Casa Amatller)の個性的建築はバルセロナを訪れる多くの人々を魅了し、バルセロナを代表する景観をなっています。アマトリェール邸は長い修復期間を経て、2015年より一般公開となりました。 続きを読む



ペルーは南米のフルーツパラダイス!その2

[2015/11/22] 原田慶子

「フルーツパラダイス・ペルー」。今回はアマゾンの人々に愛される森のフルーツを紹介しよう。まずは自然界で最も多くのビタミンCを含むといわれている「CAMUCAMU(カムカム)」から。赤紫色の丸い果実で、ビタミンC含有量はレモンのおよそ60倍。酸味が強いためジュースに加工されることが多く、その果汁は日本にも輸出されている。オオミテングヤシの果実「AGUAJE(アグアヘ)」も、ペルーを代表する熱帯フルーツだ。生の果肉は酸味とえぐみが強いが、茹でてジュースやアイスクリームに加工すると、何とも言えぬ独自の… 続きを読む



コペンハーゲンの台所!フードマーケット Torvehellerne(前編)

[2015/07/16] MizukiPoulsen

ここ数年でグルメブームがやってきたコペンハーゲン。2011年にオープンした Torvehellerne(トオゥヘラネ)は、世界中の新鮮でおいしいものが手に入るフードマーケットです。2つのホールと、屋外のテントにあるお店の数は40以上。野菜、シーフード、お肉、パン、チーズ、ハーブ、スパイス、オイル、コーヒー、お茶、チョコレート、デザートなどの専門店が並びます。また軽食やお茶も楽しめるカフェもたくさん。観光にもオススメ!見て、食べて楽しいフードマーケットです。 続きを読む



有名チョコレートショップのカフェがオープン!La Xocolateria by Oriol Balaguer

[2014/12/22] 鈴木美佐子

バルセロナはチョコレートの街といわれるほど、多くのチョコレートショップがあります。以前ご紹介したオリオール・バラゲ(Oriol Balaguer)は世界のデザートコンクールで多くの賞を獲得し、彼の作るチョコレートは斬新でデザート界のピカソといわれています。東京、ニューヨークにも進出しているので、日本でも名前を聞いたことがある人は多いはず。これまでBarcelonaには直営ショップが2店舗ありましたが、この9月チョコレートを堪能できるカフェがオープンしました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、チョコレート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。