「スペイン、噴水」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、噴水」に関連する現地ガイド記事

スペイン、噴水に関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、噴水の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

見どころ満載!町のオアシス モンジュイックの丘 (Montjuic)

[2018/02/19] 鈴木美佐子

バルセロナ市内にあるモンジュイックの丘。緑も多く、公園、美術館などもあり、バルセロナ市民にとって憩いの場となっいます。近代では頂上にあるモンジュイック城は要塞としての役割を果たし、フランコ時代には政治犯の刑務所となったというく歴史もありますが、1929年のバルセロナ世界万国博覧会の会場、そして1992年のオリンピックのメイン会場となったことでモンジュイックは大きく変わり、現在のようなバルセロナのランドマークと変わっていったのです。 観光客にとってモンジュイックの丘というと夜の噴水ショーが有名です… 続きを読む



小クスコ、ビルカスワマン

[2017/08/19] 原田慶子

アンデス南部の州アヤクチョ。その州都から南東約109kmの地点に「VILCASHUAMAN(ビルカスワマン)」という町がある。ここはインカ9代皇帝パチャクテク(またはパチャクティ)が宿敵チャンカ族やポクラ族との戦いを制した後、国の最重要拠点のひとつに定めた場所。パチャクテクやその息子トゥパック・ユパンキらによって造られた行政センターや祭祀のための神殿が残るこの町は、小規模なクスコといった雰囲気だ。パチャクテクの銅像が立つ噴水を中心に据えた「GRAN PLAZA(グラン・プラサ/大広場)」は、2万… 続きを読む


マドリードはテラサで決まり!

[2015/12/15] 田中富子

ここ最近のマドリードで流行になっている現象は?と聞いたら、たくさんの人が”TERRAZAテラサ/テラス”と答えるであろう。テラサ、つまりビルの屋上テラスにあるバールやレストランのことである。その先駆者と言ったら、やはりマドリードのシンボルでもある現市役所のテラサではなかろうか。この建物は1919年に中央郵便局として竣工後、PALACIO DE CIBELES(パラシオ・デ・シべレス/シべレス宮殿)という名前で親しまれている。 続きを読む



ヴェルサイユ宮殿に負けぬと造られた圧巻!の「カゼルタ王宮」

[2015/05/23] 木場しのぶ

一度は行ってみたい大規模な宮殿って、世界中に幾つもありますよね。王宮だったり貴族の館だったり。イタリアだって教会だけじゃありません(笑)、この国に50ある世界遺産のうちの3つは実は“王宮”なんです。現在イタリアに国王はいませんから“王宮”という響きはしっくりこないかもしれませんが、その昔13世紀より半島南部はスペイン王国直轄のナポリ王国が支配しており、ナポリの王宮の他、その北東36kmのカゼルタにも王宮が建てられました。ちなみにもう一つは、2006年冬のオリンピック開催地・トリノに残る、1861… 続きを読む


スペイン全国が凝縮するバルセロナのスペイン村  ”Poble Espanyol”

[2014/10/24] 鈴木美佐子

バルセロナ、モンジュイックの丘にあるPOBLE ESPANYOL(スペイン村)。1929年のバルセロナ万博の時に建てられたスペイン村は、スペイン全国の代表的な建造物がほぼ大きさも原寸大で再現されています。このスペイン村を訪れるとスペイン全土をぐるっと観光した気分になります。バルセロナにいながら、アンダルシアの白い街並み、マドリッドのプラサマヨールなどスペインのいろいろな街の雰囲気を味わうにはお勧めのテーマパークです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、噴水」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。