「スペイン、建築家」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、建築家」に関連する現地ガイド記事

スペイン、建築家に関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、建築家の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「みんなに愛される美術館」ができるまで〜アムステルダム国立美術館の舞台裏

[2017/07/04] テメル華代

アムステルダム国立美術館は、中世から現代にわたる8000点の芸術品を収蔵するオランダ最大の美術館です。レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など黄金時代の絵画が充実しています。赤レンガの美しいネオルネサンス様式の建物は、オランダを代表する建築家ピエール・コイペルス(1827-1921)によって1876年に設計されました。2004年から行われた大規模な改修工事では、コイペルス建築が創建当時の姿に蘇ったほか、インテリアの壁や床、天井の装飾も見事に復元されています。かつて迷路のように入… 続きを読む



デザインの街バルセロナならでは!DISSENY HUB BARCELONA

[2016/10/12] 鈴木美佐子

デザインの街と言われるバルセロナ。工業デザインからモード 、グラフィックなどバルセロナにはデザイン・スクールも多く、デザイン事務所も市内に多くあります。またゴシック建築からモデルズム建築また現代有名な建築家による作品も点在し、街を散歩していても、美的感覚を刺激されるようなデザインに出会うことが多いのです。 続きを読む



インテリアもそのまま!代表的モデルニスム建築、カサ・アマトリェール(Casa Amatller)

[2016/07/06] 鈴木美佐子

モデルニスム建築が立ち並ぶ、バルセロナのメインストリート、グラシア通り(PASEO DE GRACIA)。世界遺産として認定されているガウディの代表傑作バトリョ邸(Casa Batllo)そしてその隣に並ぶ、アマトリェール邸(Casa Amatller)の個性的建築はバルセロナを訪れる多くの人々を魅了し、バルセロナを代表する景観をなっています。アマトリェール邸は長い修復期間を経て、2015年より一般公開となりました。 続きを読む



リニューアルされたプレコロンビア芸術博物館へ行ってみよう

[2016/02/01] 鰐部マリエ

地元の人をはじめ、観光客で日々賑わっている大聖堂やアルマス広場が広がるサンティアゴ旧市街に近年リニューアルオープンした「プレコロンビア芸術博物館(Museo Chileno de Arte Precolombino)」が建っています。この地区はサンティアゴの中心地として植民地時代から栄えた地区で、まるで植民地時代にタイムスリップしたかのような19世紀に建てられた装飾が美しい大きな建物が至る所に建っています。今回ご紹介する博物館も1805年から1807年にかけて建てられ、スペイン植民地時代にはスペ… 続きを読む



オランダ黄金の世紀を物語る宮殿、アムステルダムの王宮

[2015/11/12] ミツフィ

アムステルダムの旧市街の中心部にあるダム広場(Dam)。アムステルダムを旅行する殆どの方が立ち寄る機会があり、アムステルダムを代表する広場と言えましょう。ダム広場の西方に位置する威風堂々とした「王宮(Koninklijk Paleis)」は、絵葉書にもよく登場する有名な建物です。王宮と聞くと、オランダ王室の住居だと思う方も多いと思います。アムステルダムの王宮はオランダ王室所有の建造物ですが、住居としてではなく王室行事に使用されています。そして元来、王宮はアムステルダムの市庁舎として建てられたので… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、建築家」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。