「スペイン、朝ごはん」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、朝ごはん」に関連する現地ガイド記事

スペイン、朝ごはんに関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、朝ごはんの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

スペインのおやつの定番チュロスを堪能しよう!

[2014/05/19] 鈴木美佐子

日本でも都内に専門店ができたりと最近人気のチュロス(CHURROS)。揚げパンに砂糖をかけた素朴なお菓子ですが、このチュロス実はイベリア半島が起源といわれているのはご存知でしょうか?スペインのチュロスの歴史は長く、17世紀ごろの文献にもその名前がでて、チュロス作りの職人も職業として存在していたということです。ヨーロッパから新大陸にひろがり、現在では中南米でもよく食べられているスイーツです。 続きを読む



ブランチにお勧め!人気のカフェ”BRUNCH&CAKE”

[2013/05/28] 鈴木美佐子

スペインの定番の朝食というと甘いデニッシュやクロワッサン、ミニサンドイッチ。BAR(バール)でさっとオレンジジュースやカフェだけで済ませる人も多く、簡単に朝ごはんを食べる人が多いようです。ところがバルセロナでは国際色豊かな都市ということもあり、最近では「ブランチ メニュー」といって、週末にのんびりと遅い朝ごはんとして提供するカフェが出てきました。ブランチという言葉が少しずつ浸透してきているようです。 続きを読む



ミシュランレストランのパティスリーショップ PASTELERIA HOFMANN

[2012/04/21] 鈴木美佐子

バルセロナの有名料理学校といえば、HOFMANN(ホフマン)。多くのシェフやパティシエを輩出している学校で、そのレストランもミシュラン一つ星が付くほどの実力のあるレストランです。今回ご紹介したいのはHOFMANNのパティスリーショップ。2008年にオープン以来、ミシュランレストランの味を気軽に食べられるお店として地元の人の間ではとても話題になっているショップです。 続きを読む



オペラ後にもピッタリ!素敵な雰囲気の歴史あるカフェ「Cafe Weimar」

[2011/01/16] バレンタ愛

20年もの改装期間を経て、20世紀前半にOPENした歴史あるカフェ「Cafe Weimar」。最初は「Café Orleans」という名前だったそうですが、第一次世界大戦後に今の名前に変えられました。中心地よりちょっと離れている為、お客さんは地元の人が中心ですが、メニューは英語をはじめスペイン語、フランス語など各国のものが揃っています。中心地から離れているといってもそんなに大きくないウィーンですので、地下鉄やトラムに乗って、ちょっと遠出気分でウィーンの街並みを見ながら行ってみるのもいい… 続きを読む



朝ごはんはバルセロナっ子と一緒にBAR、カフェで!お得朝定食も。

[2010/02/25] 鈴木美佐子

スペインに来て一番驚くことの一つが、スペイン人の食事時間とスタイルと違い!スペイン人は5回食事をするという言葉がある通り、スペインと日本では食事のスタイルが大きく異なります。一般的に、朝食は軽くカフェとビスケット、そしてと10−11時ごろにサンドイッチをつまみ、ランチは14:00頃から始まります。昼ごはんが一番のメインの食事となり時間をかけてゆっくり楽しみます。そして夕食前のおやつやつまみ、9時以降にディナ―を食べるのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、朝ごはん」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。