「スペイン、朝食」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、朝食」に関連する現地ガイド記事

スペイン、朝食に関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、朝食の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

博物館が集まる町のレストラン&バー、アペロでリラックスした食事を楽しもう!

[2016/09/08] ディキンソン恵子

西ロンドンのサウス・ケンジントンには、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、自然史博物館や科学博物館などが連立し、博物館好きには必須の観光スポット。そんなサウス・ケンジントンの駅から目と鼻の先にある5つ星ホテルが、The Ampersand Hotel(アンパーサンド・ホテル)です。ホテル内には、アフタヌーン・ティーが楽しめるドローイング・ルームズや、プライベートでダイニングの出来るワイン・ルームがあるのですが、今回ご紹介するのはレストラン&バーのアペロです。 続きを読む



ホテルの中にウォーターパークがあるセブ島のJpark Island

[2016/07/10] りんみゆき

子どもにとってはまさに夢の楽園!がセブ島の空港から車で約1時間のところにあります。ホテル名はJ Park Island Resort & Waterparkで、ネーミング通り、なんとホテル内にウォーターパークがあるのです!もちろん宿泊客は遊び放題。午前9時から午後6時まで思う存分遊ぶことができます。その中でも小中学生キッズのお目当てはスライド。3種類のスライドはかなりスピードも出るものなので、100cm以上という身長制限があり、利用前に同意書にサインをします。ライフガードもいるので安心。 続きを読む



どこまでも続く大海原のオリーブの聖地でオレオトゥーリズモを堪能しよう

[2016/03/24] 田中富子

オリーブオイル世界一生産国スペイン。その中でもアンダルシア州ハエン県は世界生産量の20から25%を占め、オリーブオイルの聖地と呼ばれている。スペインでは今まで生産に力を入れてきたが、時代の流れと共に現在は品質にフォーカスしブランディングをし始めた生産者も増えてきた。それと同時に、農園や搾油所を訪問してオリーブオイルについて知ってもらうプログラム”オレオトゥーリズモ(オリーブに関する観光)を行う生産者も出てきている。 続きを読む



オーガニックパン屋がオープンしたこだわりのBAR ”BAGAUDA”

[2014/11/18] 鈴木美佐子

バルセロナには数多くのパン屋さんがあり、最近ではこだわりのグルメパンを出すパン屋も増えてきています。なかでもグルメベイカリーの先駆者的な存在であるBarcelonareykjavikは100%オーガニックのパンを作ることで人気のベイカリーです。ちなみに名前の由来はオーナーの出身地、バルセロナとレイキャヴィーク(アイスランド)を合わせたもの。材料はすべてオーガニックというこだわり。スペルト小麦、カムット小麦、天然酵母などを使ったパンは、穀類の美味しさを改めて味わうことが出来るのです。 続きを読む



お酒の後には軽くてサクサク、名物チュロスをどうぞ

[2014/11/02] 宮谷千英

チュロス(単品ではチュロ)はもともとスペインのお菓子で、朝食としてやお酒のあとの軽食として食べられていた。300年ものあいだスペインの植民地だった時にメキシコに伝わったらしい。メキシコのチュロスは砂糖やシナモンシュガーがまぶされた甘いもので、チョコラテ(チョコレートを削って溶かした飲み物)に浸して食べられている他、真ん中の穴にチョコレートやキャラメルを注入して売られている。一方、スペインのチュロスはシナモンシュガーでなく塩味で、主にチョコラテに浸して食べられている。チョコラテの濃さは、スペイン風… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、朝食」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。