「スペイン、現代建築」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、現代建築」に関連する現地ガイド記事

スペイン、現代建築に関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、現代建築の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

マドリードはテラサで決まり!

[2015/12/15] 田中富子

ここ最近のマドリードで流行になっている現象は?と聞いたら、たくさんの人が”TERRAZAテラサ/テラス”と答えるであろう。テラサ、つまりビルの屋上テラスにあるバールやレストランのことである。その先駆者と言ったら、やはりマドリードのシンボルでもある現市役所のテラサではなかろうか。この建物は1919年に中央郵便局として竣工後、PALACIO DE CIBELES(パラシオ・デ・シべレス/シべレス宮殿)という名前で親しまれている。 続きを読む



噂のワイナリーホテル、建築も必見!MARQUES DE RISCAL

[2009/09/07] 鈴木美佐子

スペインはワイン大国!ワイン生産量はイタリア、フランスに続く世界第三位となっています。スペインでは気候に恵まれ、全国各地でワインが生産されていますが。最近では数多くのワイナリーが自社のワインをよりよく知ってもらおうという目的で、ワイナリーを訪問できるワイン観光がちょっとしたブーム。中でもスペインの古くからの高級ワインの産地として知られるリオハでは観光に特に力を入れ、ワイナリーホテル という、ワイナリーにも宿泊可能な施設も多くあります。 続きを読む



地元の人に人気!サンタ・カタリーナ市場はグルメ、お土産さがしに最適

[2008/12/10] 鈴木美佐子

バルセロナ市内にはエリアごとに市場があります。最近バルセロナの人に人気な市場といったらこのサンタ・カタリーナ市場! 旧市街の大聖堂から徒歩約3分、観光地近くにあるにも関わらず、あまり観光客には知られていないのか、地元の買い物客で一杯です。その土地の日常の食生活を知るにはぴったりな市場と言えるでしょう。 続きを読む



工業都市ビルバオを再生!「グッケンハイム美術館」の建物の迫力に圧倒

[2008/10/29] 鈴木美佐子

ビルバオというと鉄鋼・造船業で栄えた工業都市。産業基盤の変化とともに80年代ごろより景気も悪くなり、街は衰退するばかり……。そんな工業都市のイメージしかなかったビルバオに、都市再生計画の一つとして、1998年にビルバオ・グッゲンハイム美術館が開館しました。それ以来すっかり町のイメージは変わり、現在では国内外から多くの人を惹きつける町になったのです。一つの美術館が工業都市ビルバオを再生させたのです! 続きを読む



必見!プラハの現代建築の傑作、ダンシング・ビル

[2008/03/06] 有賀みかる

中世の雰囲気残るプラハでは、築100年の建物でも“新しい”建物として分類されてしまうぐらい古都のイメージが強い街。でもなんのなんの、現代建築も素晴らしいのがあります。タイム誌で1996年の最優秀デザインプロジェクト賞に選ばれた、この踊るビル、チェコ語でタンチツィー・ドゥームは一度見たら忘れられない傑作。コンクリートとガラスでできていながら“ジンジャー&フレッド”という別名の通り、まるで帽子を載せたフレッド・アステアとしなやかにスカートを揺らすジンジャー・ロジャースの往年のダンスカップルが楽しげに… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、現代建築」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。