「スペイン、自転車」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、自転車」に関連する現地ガイド記事

スペイン、自転車に関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、自転車の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

あのテルミンも体験できる!リマの電気博物館

[2016/06/04] 原田慶子

アートの街として人気のリマ市バランコ区。その中心、バランコ区立公園の南に延びるペドロ・デ・オスマ通りは、涼やかな並木が印象的な美しい通りだ。その通りの入り口には、かつてリマ市内を横断していたという路面電車がぽつんと置かれており、多くの観光客がそのレトロな車体にカメラを向けている。撮影の後そのまま立ち去ってしまう人が多いが、もし時間があれば、そのすぐ向かいにある「MUSEO DE LA ELECTRICIDAD(電気博物館)」に立ち寄ってみよう。平屋の小さな建物なので見落としがちだが、ここはペルー… 続きを読む



こどもとローマの休日

[2012/06/24] りんみゆき

ローマというとロマンチックな響きでカップルだけという感じがしますが、こどもと一緒に楽しめるところもたくさんあります!とはいえ、道は石畳も多くベビーカーでは移動がしにくいので、ベイビー連れならスリングがおすすめ。まずしたいのは「もう一度来られるように」トレビの泉でコインを投げることですよね。人でごった返しているので迷子とスリには要注意。コインを投げる時はユーロコインのお勉強も兼ねて。夏の暑い時は給水地点にもなります。トレビからスペイン階段へは子どもの足でも歩ける距離、幼児で30分強が目安。 続きを読む



伝説のBARが復活! BAR VELODROMO

[2009/08/06] 鈴木美佐子

スペイン人にとってBAR(バル)は一杯飲んでタパスをつまんだり、お茶をしたり、軽い食事ができる場だけではなく、人々の集う重要な場所。バルセロナ市内には新しいファーストフードやチェーン店も増え、昔ながらのBARも少なくなってきているが現状ですが、やっぱり昔ながらのカフェ、バーにはなんとも言えない暖かい雰囲気があり、バルセロナの人はワイワイと友達と盛り上がり、また新しい出会いがあったり、一人の時間を過ごしたりと来る人が好き好きに空間を楽しむことができるのです。 続きを読む



店内に一歩足を踏み入れればそこは北欧デザインの世界

[2008/11/27] 田中ティナ

「どうしようかな、と思ってたクリスタルの置物、やっぱり買っておけばよかったわ。残念」という方、どうぞご安心を。シンプルでモダンしかも機能的と三拍子揃った北欧デザイン商品を集めた「デザインハウス・ストックホルム」 は、ストックホルムのアーランダ空港にも出店しているのだ。ターミナル5でチェックインし、セキュリティ検査を通過後、SkyCity(スカイシティ)方向へ進んだ右手の一角にある。 続きを読む



エメラルドグリーン、白い砂浜。自然があふれる最後の楽園“FORMENTERA” 

[2008/10/09] 鈴木美佐子

こんな自然豊かな島が地中海にまだあったんだ!という驚きと感動の島。地中海に浮かぶ、スペイン・バレアレス諸島はマヨルカ、イビサ島といった世界中から観光客が集まるリゾート地ですが、このフォルメンテラ島はバレアレス諸島の中でも4番目の島とあまり知られていない島です。人が住んでいる島の中では最も小さく、現在この島の人口は約8000人ほど。他の島に比べてまだリゾート化されていないこの島の魅力は何といってもその自然、そして白い砂浜が広がる美しいビーチといえるでしょう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、自転車」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。