「スペイン、菓子」に関連する現地ガイド記事

「スペイン、菓子」に関連する現地ガイド記事

スペイン、菓子に関する現地ガイド記事を集めました。スペイン、菓子の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

お土産さがしにも!バルセロナ発オーガニックスーパーマーケット、VERITAS

[2016/04/27] 鈴木美佐子

世界的にも食品の安全性を考えBIO、オーガニック製品に対する興味が強まっています。他のヨーロッパ諸国に比べるとオーガニック製品の消費はかなり低いといわれているスペインでも、ここ数年でかなり変化がみられるようです。オーガニック製品は普通のスーパーマーケットや市場でも取り扱われるようになり、かなり身近なものとなりました。特にバルセロナ、マドリッドなどにおいてその傾向が強いようです。 続きを読む



天国に一番近い温泉。アンデス山脈の秘湯アグアスカリエンテスに入ろう

[2015/10/07] 伊藤篤史

意外かもしれませんが実はペルーは隠れた温泉大国。アンデス山脈の山中にはインカの皇帝も足繁く通った温泉や長旅の疲れを癒やす温泉が点在しています。水着着用で湯音はぬるめという温泉が海外には多いですが、この国では湯音も高いものが多く、個室温泉もあって日本人好みの温泉が揃っています。今回はペルーの温泉の中でも秘湯中の秘湯4000mの高地にあるアグアスカリエンテス温泉をご紹介したいと思います。アグアスカリエンテスはスペイン語で“熱い水”の意味。直球勝負なネーミングに名前負けしない熱々の温泉をどうぞ! 続きを読む



お酒の後には軽くてサクサク、名物チュロスをどうぞ

[2014/11/02] 宮谷千英

チュロス(単品ではチュロ)はもともとスペインのお菓子で、朝食としてやお酒のあとの軽食として食べられていた。300年ものあいだスペインの植民地だった時にメキシコに伝わったらしい。メキシコのチュロスは砂糖やシナモンシュガーがまぶされた甘いもので、チョコラテ(チョコレートを削って溶かした飲み物)に浸して食べられている他、真ん中の穴にチョコレートやキャラメルを注入して売られている。一方、スペインのチュロスはシナモンシュガーでなく塩味で、主にチョコラテに浸して食べられている。チョコラテの濃さは、スペイン風… 続きを読む



スペインのおやつの定番チュロスを堪能しよう!

[2014/05/19] 鈴木美佐子

日本でも都内に専門店ができたりと最近人気のチュロス(CHURROS)。揚げパンに砂糖をかけた素朴なお菓子ですが、このチュロス実はイベリア半島が起源といわれているのはご存知でしょうか?スペインのチュロスの歴史は長く、17世紀ごろの文献にもその名前がでて、チュロス作りの職人も職業として存在していたということです。ヨーロッパから新大陸にひろがり、現在では中南米でもよく食べられているスイーツです。 続きを読む



中世期にタイムスリップ!カセレスの旧市街地

[2014/04/11] 田中富子

エストレマドゥーラ州に位置するカセレスはローマ時代のルシタニア県の首都であった場所である。約9万5千人の人口を擁するこの都市の旧市街地は”カセレスの旧市街”として1986年にユネスコの世界遺産に登録されている。旧市街地はスペインの他の多くの旧市街地同様、小山の頂上に位置し城壁で囲まれている。ただ他の旧市街地と違うのは、中世の雰囲気がたっぷりと残る町並みがほぼ完璧に残っているころあろう。まずはマヨール広場を目指そう。 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 スペイン、菓子」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。