「セカンドハンド、スウェーデン」に関連する現地ガイド記事

「セカンドハンド、スウェーデン」に関連する現地ガイド記事

セカンドハンド、スウェーデンに関する現地ガイド記事を集めました。セカンドハンド、スウェーデンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンティークショップ密度の高い、ウップランズガータン

[2018/08/25] 田中ティナ

長い夏休みには、サマーハウスの木陰でハンモックに揺られたり、家の裏の森でベリーを摘んだりと、のんびり過ごすことが好きなスウェーデンの人びと。自然と共存し、次世代にその魅力とたのしみを受け継ごうと、自然環境のサステイナビリティにも敏感だ。この精神は、日々の暮らしの生活を彩るものに関しても反映されている。もちろんある程度の期間使える品を手ごろな値段で購入することもあるけれど、一方で、古い品をメンテナンスしながら大切に使い続けることにも長けているのだ。 有名デザイナーのヴィンテージ製品を扱うアンティー… 続きを読む



独自のブランド展開でリユースとリサイクルを実践中!

[2011/04/07] 田中ティナ

古いものを大切にする「リユース」の精神が、ごく自然に世代を超えて受け継がれていると感じられるスウェーデン。ストックホルム市内には、人気ある有名作家のカップ&ソーサー、置物や家具などビンテージ品を扱う店や、洋服、食器、本屋や家具など、毎日の生活に使えるようなセカンドハンドの品の店をあちこちに見つけることができる。’Stockholms Stadsmission'は市内に7店舗を展開しているセカンドハンドのチェーン店。母体は1853年にホームレスや助けを必要な人々がいろいろなチャンスが得られるように… 続きを読む



セカンドハンド店は掘り出し物の宝庫!環境に優しいリユース万歳!

[2009/02/09] 田中ティナ

洋服、食器、家具、照明器具などなど。もう生活に必要なだけ持っているのに、なぜかまた違うものが欲しくなるのはなぜ? ないものねだりは人のサガなのだろうか? とくに新品でなくても、お気に入りのものが見つかったときはそれはそれはうれしいものだ。それも格安で。そんなあなた(私も含め)にオススメなのがセカンドハンドショップ。スウェーデンではLOPPIS(ロピス)とも呼ばれ、売り手と買い手をつなぐリユースの舞台となっている。物を大切にするこの国ではストックホルムなどの都市だけではなく、地方の町でもそんな店が… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 セカンドハンド、スウェーデン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。