「セビリア、バール」に関連する現地ガイド記事

「セビリア、バール」に関連する現地ガイド記事

セビリア、バールに関する現地ガイド記事を集めました。セビリア、バールの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トゥリアナの心臓”サン・ハシント通り”

[2015/10/21] 田中富子

セビリアのトゥリアナ地区は、多くの有名フラメンコ・アーティストや芸術家を産みだした場所である。そのトゥリアナ地区で誰でも知っている通りと言ったら、SAN JACINTO(サン・ハシント)であろう。セビリア中心部よりトゥリアナ橋(通称。地図上ではISABEL II/イサベル・セグンド)を渡り、PLAZA DEL ALTOZANO(アルトサノ広場)を過ぎると、全長約650メートルを要するこの通りにぶつかる。それは、いわばトゥリアナの目抜き通りと言っても過言ではない。 続きを読む



コンセプトが新鮮!レストラン・ガストロミウム

[2009/08/24] 田中富子

セビリアのVIAPOR(ビアポール)地区は、上流階級層が住み、ファッショナブルなバールやレストランが増えている場所である。その地区に、レストラン・GASTROMIUM(ガストロミウム)は、2008年9月オープンした。スペインの有名レストランを中心に、フランスやイタリアで修行をしたセビリア人3名の若手シェフが、彼らの理想のレストランを追求したいと作ったお店である。レストラン・コンセプトは、”リラックスと創造が出会うところ”。 続きを読む



世界遺産がコンサート会場!セビリアの真夏の夜を楽しく過ごそう!

[2009/06/11] 田中富子

スペイン南部のアンダルシア州では、6月中旬より9月の第一週まで、小中高等学校は長い夏休みに入る。仕事をしている大人は、7月から9月の間に、各自まるまる1ヶ月間のバケーションを取るのが普通だ。そんな長い夏休みを楽しく過ごしてほしいと、アンダルシア州各地にて、政府後援の催し物がたくさんあるので、ご紹介しよう。まずは、日中45度に届くセビリアから。 続きを読む



セビリアの素晴らしい景観を楽しもう!

[2008/05/19] 田中富子

セビリアは、世界遺産が3つあり、それらの世界遺産を目的にこの町を訪れる観光客も多いが、それとは別に、“とても美しい街”として、スペイン内でも有名である。政府も、観光がメインの収入源であることから、“外観”に関してかなり気を使っており、旧市街地から車を追放する計画が進んでいる。現に、世界遺産である大聖堂、王宮、インディアス古文書館の周りは、路面電車ができ、車での進入は、以前と比べてかなり制限されている。今回は、散歩道、そして、すばらしい写真が撮れるスポットをご紹介したい。 続きを読む



フリー情報誌を活用して、夜のアンダルシアを楽しもう

[2007/10/04] 田中富子

コルドバのメスキータ、グラナダのアルハンブラ宮殿、セビリアの王宮、そして、カテドラル(大聖堂)などなど。世界遺産や名所が連なり、昼間に観光して回るところの尽きないアンダルシア。お金を払って観光するスポットもあれば、お金を払わずにできる観光もある。それは、“芸術”という観光だ。ここでは、市町村や県が後援となって、無料にて鑑賞できるコンサートや、展覧会等、いろいろある。アンダルシアは日本と違って、情報が整理されていることが少ない。でも、ちょっと気を配るだけで、その情報は、ぐっと近くなる。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 セビリア、バール」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。