「セビリア、自転車」に関連する現地ガイド記事

「セビリア、自転車」に関連する現地ガイド記事

セビリア、自転車に関する現地ガイド記事を集めました。セビリア、自転車の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

乗ろう、乗ろう、セビリアの名物!路面電車「METROCENTRO」

[2007/11/27] 田中富子

10月の最後の月曜日より、運行が開始されたMETROCENTRO(メトロセントロ/セビリア路面電車の名称)。本来は、9月24日にオープン予定だったが、いろいろな問題が重なり、やっと開通に至った。オープン前日の日曜日は、無料乗車サービスが行われ、たくさんの人たちが列をなし、大好評!セビリアでは、47年ぶりの路面電車に市民は浮き足立っている。現在は、まだ1ライン、4駅間のみの開通だが、これから着々とそのラインを延長し、また他ライン増設のプロジェクトも進んでいく予定。 続きを読む



森林浴と建築のマッチング――マリア・ルイサ公園

[2007/10/17] 田中富子

マリア・ルイサ公園。オルレアン公王女、マリア・ルイサが1893年、サン・テルモ宮殿の一部を市に贈与した際に造られた公園で、敷地面積は400平方キロメートロある。88種類もの灌木と樹木、そして、小鳥たちのさえずりが、疲れている私たちを別の世界に連れて行ってくれ、また日々のストレスから開放してくれる“癒し”の場所である。旅行中に疲れた頭をリセットする場所には、最適。セビジャーノス(セビリア人)たちは、ここで、散歩はもちろん、サイクリング、読書をしたりして過ごす。 続きを読む



政府も推奨!アンダルシアの町並みを「自転車」で巡ろう

[2007/08/29] 田中富子

アンダルシア地方の主な収入源は、観光。セビリア政府は、カテドラル(大聖堂)や、レアレス・アルカサーレス(王宮)、アルチーボ・デ・インディア(インディアス公文書館)など、世界遺産がいくつも並ぶ旧市街を、なんとかきれいで清潔な観光都市にできないかと検討していました。そして数年前のこと。政府は、30数年前から計画されては棚上げになっていた地下鉄工事の再施工を発表。それに伴い、旧市街地より車を追い出し、路面電車を走らす計画を立てました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 セビリア、自転車」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。